トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

流行語大賞トップ10に選ばれた「日本死ね」に対する批判を古市憲寿氏が一蹴

>情報番組のコメンテーターとしても活躍する社会学者の古市憲寿氏(31)が、「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに選ばれた「保育園落ちた日本死ね」というフレーズに対する批判に、異論を唱えた。

 このフレーズは、1人の母親が匿名ブログで待機児童問題への強い不満を訴えたもの。大きな話題となったが、「日本死ね」という過激な表現に賛否が分かれた。このほど流行語大賞のトップテンに選ばれたことで、あらためて物議をかもしている。

 古市氏は2日にツイッターで言及し、「言葉は文脈をともなって初めて意味を持つ。『保育園落ちた日本死ね』が話題になった時、『日本死ねなんてけしからん』という批判よりも、共感が多かったのは、『日本死ね』という言葉ではなく、あのブログが多くの人に読まれたから」と分析。「あのブログも読まずに『日本死ねなんてけしからん』と言われても。ちなみに僕が知る限り、あのブログが騒がれていた当時、『日本死ねなんてけしからん』と言っていたのは、おじさん政治家たちです。いま怒っている人との共通点は、ちゃんとブログ本文を読んでいないこと」だと指摘した。

 また「死ね」という表現については、「人格攻撃でもなく、あくまでも比喩としての『死ね』と、具体的な他者や人格をおとしめるために使う『死ね』は全然違うよ。しかも、他にどうしようもなく、そうするしかない悲痛な叫びとしての『日本死ね』でしょ」との見解を示した。


この記事は「「日本死ね」批判に古市憲寿氏「文脈読んでいない」」になりますけど、確かにこのフレーズは流行語というか、ある程度何度か目にしましたし、派生しましたよね。最初は保育園が発端だったが、後に就職活動にも派生して使われたフレーズですからね。ある程度、世間を騒がせばフレーズということを考えると、私は流行語大賞として選出されてもあまり違和感はないです。そもそもこのフレーズが流行語大賞に選ばれたことについて、どういう批判がきているのか?が私はよく分からないのだが、少なくとも一見すると暴言のようなフレーズには見えますが、言われている対象は日本という実体概念のないものであるということから、古市氏の言う通り比喩で間違いないと思うよ。

つまり、特定の誰かに言っているわけじゃない。日本を取り巻く風潮などに対しての憤りが端的に表現されたフレーズとも言えると思います。現実的にこういった言葉を発するほど、当人にとってみれば怒りだったというだけでしかないのだから、そこは結局殺人犯を憎む気持ちと変わらないと思う。殺人犯を憎んでも誰も怒らないと思うけど、日本を憎んではいけないのでしょうか?となれば、そんなことはないのではないでしょうか?

古市氏が言っている通り、これは比喩なので、言葉は乱暴かもしれないが、そんなにそのフレーズに騒ぎ立てることなのか?とも思う。これが流行語として世間を伝播したのは事実なのだから、じゃあそういうのが流行語にならないように社会の仕組みを変えていくというのも重要なのではないでしょうか?反省のきっかけにするものとしては、流行語大賞は十分良い機会とは言えそうな気はします。審査員が流行語と判断したならば、それは別に何の問題もない。特定の誰かを傷つけるわけではないのだから。実態の見えない風潮に対する言葉なのでしょうから。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム