トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

脱原発を主張したら、エネルギーの代替案を出せって意味不明

都知事選は今日、投開票を迎えます。少なくとも、原発推進派の人たちが当選しないことを祈ります。さて、原発推進派の人たちは脱原発の人たちに対して、「原発がなくなったら電力問題はどうするんだ?代替案はあるのか?」と言ってきます。さて、ここで疑問です。どうして脱原発を主張する側が代替案を出さないといけないのでしょうか?

仮に原発が廃止されたら、原発が存在することを前提に発展してきた今の生活の利便性は崩壊するかもしれません。しかし、原発という一種の時限爆弾のようなものを頼りにして、今の便利な生活を手に入れていたのだとしたら、それこそが愚かな行為でしょう。また、実際に世の中の総意で原発廃止が決定されたなら、原発を前提にして生活の基盤を発展させてきたその行為自体が問題だったということになります。

原発を前提にして生活レベルを上げてきたのは原発推進派の人たちが大半でしょう。すなわち、原発廃止が世論の総意によって決定されたなら、原発推進派の考えがそもそも間違っていたということになります。原発自体がそもそも作るべきものではなかったということになりますし、自動的に原発がないと作り上げられなかった生活レベルも実現するべきではなかったし、作れなかったのでしょう。

したがって、原発が絶対に安全だと思って原発を作り、それによって生活レベルの向上させた。しかし、今回原発の安全性は揺らぐ事態となった。ならば、客観的にいって、原発推進派が言う安全性は確保できていなかった。安全性を見誤ったのです。彼らのミスです。そうなると、原発推進派が原発がなくなることによる生活レベルの崩壊を危惧するならば、あなたたちが原発廃止による今の生活レベル崩壊の責任も背負うべきでしょう。ミスのしたのですから。あなたたちがその責任をとるべき。

ここで原発推進派の人たちがとれる手段は主に2つです。自分たちでエネルギーの代替案を探すか?生活レベルを原発を廃止して下がってしまうレベルで我慢するか?です。私は基本的にはどちらでも構わないという立場です。誰かを犠牲にして、自分たちが便利な生活を送りたいとは思いませんから。火力発電所を稼動させれば、それで電力不足は補えるという意見もあり、原発を廃止したら電力問題に実際に困るとは言いがたいと思います。

私は別に便利な生活を望んでいませんし、便利さよりはやっぱり安全を求めます。原発は安く電力を供給できることも売りの1つのようですが、それは先に起きた契約社員による食品に農薬が混入される事件に似ています。安さの代償は何らかの形で出てくるものだと思います。世の中に完璧に安全で、かつ便利なものが存在すると思っているのなら、その思考がちょっと愚かなんじゃないか?と思えてきます。

1円で売られている1%の確率で死ぬ可能性の有る毒物が混入されているおにぎり、500円だけど安全性には全く問題ないおにぎり、どちらかを買うとしたら皆さんはどちらを選ぶのでしょうか?原発の安全性を謳う問題ってこんな感じじゃないでしょうか?


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム