トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

残業をすることはやる気アピールになる?それがブラック企業を生むという指摘も

>仕事をする上で、周りにやる気をアピールするのはいいが、そのやり方は考える必要はある。11月28日、あるブロガーが「定時を過ぎても残業する姿勢を見せろ!」と主張する記事を投稿。ネットで反論が続々と寄せられ、物議を醸している。

投稿者は転職1か月目という男性。記事のタイトルは「仕事でやる気を見せる超簡単な方法」というものだ。

「新人がやる気を見せるのなんて非常に簡単な事です。定時を過ぎてもとにかく他の社員に声を掛け、できる事を可能な限り手伝って帰ることです。定時なんか知らんがな精神でね」

「まだ働いてる社員がいるんだから手伝う姿勢を見せないと!」


男性は転職後1か月が経ち、少しずつ仕事を覚えているが、一方でつまらないミスをするようになった。それを周囲から指摘されるうちに、自分の評価が下がるのでは、と不安に感じるようになったという。さらに、1時間ほどの残業をしてタイムカードを切った際に先輩から、

「今日はもう帰ってもいいけど、そういう所まだまだだね。まだ働いてる社員がいるんだから手伝う姿勢を見せないと!」

と言われてしまう。通常の精神であれば反発心が起こって然るべきものだが、もともと「ネガティブ人間」で評価が下がることを恐れている男性は、先輩のこの発言に動揺してしまい、

「ガンガン仕事を探して、分からないことは聞きまくり、残業してまで勉強する事、手伝える事はないか探す事が最大のアピールになる」

という結論に至る。「少なくとも僕が今勤めている会社では定時を過ぎても残業(勉強)している=少なからず自己アピールに繋がるんだと」と確信したようだ。

「残業するのは勝手だが、周りにその思想を流布したりしないで」

この投稿には約180件のはてなブックマークがつき、「社畜思想ワロタ」「クソ会社にいると自分もクソになるという良いサンプル」という批判が相次いだ。

「残業=やる気 とかいう前時代的なことを言う人間、まだ生きていたのか……!」
「こういう脳みそナッシングな考え方が、現代の長時間労働が蔓延する日本を作ったんだろうね」
「こういう思想の人間がそのまま管理職になって、結果ブラック企業のような過労死する人が生まれてしまうんだよ。明日は我が身だということを自覚したほうがいい」


これは「【社畜】「やる気アピールには残業が一番」ブログに非難殺到! 「こういうやつがブラック企業を作る」」の記事に載っていたものになりますけど、残業=やる気アピールというのが正しいか?間違っているか?というのは、私は見方によるとしか言いようがないと思う。残業をしてくれることが会社にとってありがたいこと、望ましいことと言えるならば、会社はその社員を評価するだろう。それは残業=やる気アピールといっても間違いない気がする。しかし、一方でそういう考え方が広まるとブラック企業が増えるという意見も間違っていない。だからこそ、自分が勝手にやる分にはOKだが、その思想を広めないでほしいということが書かれているのだろう。

つまり、この人が自分が残業をやる気アピールと考えているならば、それはその人の自由でしかない。ブログなどでその考えを書くのもとりあえず自由だろう。ただ、それを強要する姿勢を見せると、結局否定側の意見も理解できるという話になってくるので、難しい問題ですねという感じですよ。今の日本の社会の中には、この両者が恐らく共存していると思います。残業をしてやる気をアピールすることは良いことなんだと思っている人と、そんな文化が根付いてしまっては困ると思っている人の2つのケースが両方ありえると思います。

残業をやる気があると見なしてくれる企業に関しては通用する可能性があるというだけであって、そうじゃない会社の場合もあるから何とも言えない部分になるかもしれません。残業をしないですぐに帰ることができるならばその方が良いと考える人は多いだろうし、それで評価に影響がないならば、それが1番になりそうだけど、会社の都合と社員の都合は両立が厳しいので、その間でこの2うのケースの人間が生まれてしまうのではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム