トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

パソコンのEnterキーなどを打つ音が大きい、うるさいと感じる人の心理

パソコンを使っているときにやたらとキーを押すのが強くて音がうるさいという人もいるかもしれません。それは多分私のことですね。私は自分でも自覚してるが、キーを打つ音が人並みよりはうるさいと思います。ただ、人並みよりはうるさいというだけであって、私自身はうるさいとは思いません。私はもちろんですけど、わざと大きな音を立てているわけではありません。無意識です。強く押さないとキーが押されていないときがって、タイプミスになってしまうことがあるのです。ただ、そういう状況を快く思っていない人たちもいて、それが「「キーボードを叩く音がうるさい!」匿名ブログに共感集まる 「Enterキー入力のッターン!が凄く不快」「仕事してるアピールか」」に載っています。

オフィスで働いていると、他の人がキーボードを叩く音がやたら気になることがある。近くで激しく音を立てられれば、仕事への集中力もそがれてしまう。

11月24日、はてな匿名ダイアリーに寄せられた「キーボードの打鍵音がうるさい君へ届けこの思い」という投稿が話題だ。投稿者は職場の同期のキーボードを叩く音が不快で仕方ないという。

「耳栓をしていてもイヤホンで音楽を聞いていても、ガチャガチャ聞こえてくる君の打鍵音、正直うるさすぎて頭がおかしくなりそうです」

削除キーの連打にもウンザリ「お願いですから静かにしてください」


同期は右斜め前のデスクに座っているため、色々対策してもキーボードをガチャガチャ叩く音がよく聞こえてしまう。そのため、「音が気になって作業に集中できないです。お願いですから静かにタイプしてください」と心の叫びを綴る。

しかし投稿者は、通常のタイピング音だけであればまだ許容の範囲だという。最も嫌なのは、

「たまに来る ッターン! のEnterキー入力は毎回心臓がびっくりしてすごく不快です」

と書く。ほかにも、入力後の修正時に削除キーを連打する音や、さらにはデスクでおやつを食べるときのくちゃくちゃ音も耳に障るといい、「お願いですから静かにしてください。届けこの思い」と締めくくった。

これに対して、はてなブックマークなどでは

「前職に机が揺れるほど キーボード叩いて振動がこっちまで伝わってくるのが辛くて当時の上長に席変えて貰うよう直談判したことある」
「底打ちの激しい奴は耳栓をしてても衝撃が机や床を伝わってくるので逆効果なのよね。これがストレスで会社辞めた」

など、実際に大きなタイピング音にイライラした経験がある人からの投稿があった。「仕事しているアピールをしたいひとに多い気がする」というのだ。


はっきりいうと、これはうるさいと感じる側が耳栓をするべきだと思う。わざとやっていない程度ならば、うるさいと感じる人がいるというだけの話でしかない。つまり、うるさい音といっても、キーを打つことで発声する音の大きさには限度がある。キーを打ってうるさいと感じる程度のものならば、普通にオフィス内で会話をしているケースの方がうるさく感じるのではないか?と思います。電車の中で携帯電話の通話がダメで、会話が良い理由は何なのか?という疑問を持っている人もいるようだが、それと似ている気もする。それこそパソコンのキーの音が人並みより大きいからダメと言われたら、靴音とか、紙を捲るときの音とか、モノを食べるときの音とか、話し声もそうだし、音に対してどんどん肩身が狭くなるような、そういう風になりそうなんですよね。

単純な音の大きさならば会話とキーを打つ音は大して変わらないと思う。あとは音の種類が違うだけであると。したがって、当然パソコンのEnterキーなどを打つのがうるさいと感じる人がいるのは事実でしょうし、不快に感じる人がいるのは事実だが、これはしょうがないレベルの話だと思うんですよね。キーを弱く打てばタイプミスが起きるし、それこそうるさいと言われるのを恐れてそーっと打つようになれば、タイプスピードがかなり落ちると思う。つまり、仕事の能率が落ちてしまうんですよ。会社としてもそれは困るでしょう。

実際、普段から強くキーボードを叩いている人は無意識にそうなっているので、直すのは厳しいです。無理矢理直そうとすると、打つスピードが無茶苦茶遅くなりかねない。実際、会話の音の大きさと大して変わらないならば、会話の音の大きさもボリュームを下げないといけないはず。会話に関しても無意識のうち声が大きいって人っていると思うんですよ。あれも私もたまにうるさいと感じることもありますが、たいていは我慢しています。そりゃ人並みよりはうるさいというだけであって、それだけで文句を言うのもあれだなと感じているので。だから、パソコンのEnterキーを押す音がうるさいという場合には、対応としては止めてもらうこともできなくはないが、ノルマを抱えてパソコンで仕事をしているような人にとっては、とてもじゃないが受け入れられない要望だと思うんですよ。

意図的にキーを打つ音を小さくするようにすると、能率が落ちるので、ノルマが達成できなくなる可能性があります。ノルマがないとしても、仕事の能率が落ちれば、それは別の人間からの文句につながる可能性もあります。それが上司です。上司からの文句と同僚からの文句の板ばさみのような状況になってしまうと、さすがに上司の文句を優先させないといけないでしょうから、無理ですと言われるかもしれません。あとは記事の引用した以外に書かれているアドバイスになるけど、静音用のキーボードをプレゼントしてみるという手もあるかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム