トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「サービス残業」という名称は改めるべき?個人的には「奴隷残業」がしっくりくる

>世の中、わけのわからないことだらけである。たとえば、「サービス残業」という言葉がある。雇用主からお金をもらわずに行う時間外労働のことで、実に多くの企業で当たり前のように横行している。

基本的にはあってはならないものなんだけども、なんせ労働者は往々にして雇用主よりも立場が弱いと思い込んでいるので、甘んじて受け入れているのが実情だ。(文:松本ミゾレ)

「違法就労」「おもてなし残業」という案も


それにしても、このサービス残業という単語、どうにも労働者を舐めくさったような響きがある。人を就業時間後も拘束し、タダ働きさせているのに「サービスで働いてや~」みたいな感じが気味悪い。

仕事が遅い人だけでなく、真っ当に一生懸命働いている人までもが、被害にあっているのだが本当に嫌気が差す。

さて、先日「2ちゃんねる」を眺めていると、こんなスレッドを目にした。

「そもそも『サービス残業』っていう呼び方がおかしいだろ…まずこれを改めるべき」

うん、その通りである。こんな呼び方は労働者を馬鹿にしている。ではどんな呼称が適切なのだろう。このスレッドに挙がっていた候補を、いくつかご紹介したい。

「違法就労」
「奴隷残業」
「バカ残業」
「実質0円残業」
「おもてなし残業」
「脱法残業」

など、パンチの効いたワードが並んでいる。「労働搾取でええやろ。搾取されてるだけや」という声もある。どれも本質的にはサービス残業とやらの実態を上手く指摘できているので、本当に「暴走族」が「珍走団」と呼ばれるようになったように、名称を改めてもいいのかもしれなない。


これは「サービス残業?ただの賃金不払いだろ! ネットでは「無賃残業」や「実質0円残業」と呼ぶべきとの声」の記事に書かれていたもので、「サービス残業」という名称を改めさせようという趣旨のトピックですね。サービス残業という言葉は誰が作って、いつから定着し出したのか?は分からないが、私が最初サービス残業という言葉を聞いたときには、給料が貰えない残業のこととは知らなかった。自発的にやる残業のことかな?と思っていた。しかし、実際はそうではないということなので、給料が貰えないという意味では「無賃残業」は分かりやすい。

しかし、ここに挙げられている案の中では「奴隷残業」が1番インパクトあるし、いかにサービス残業が酷いものか?が伝わりやすい気がしますね。かなり会社側を皮肉った言い方になっている気はしますけどね。ただ、こういうことを考えてもあまり意味はないかな?って気がします。サービス残業はなくならないし、サービス残業という名称が変わることもないでしょう。もう定着してしまったものを変えるのは厳しいです。

したがって、サービス残業を別の名称に変えるというのは現実的に厳しい。変わるときがあったとしても、それは100年後とかじゃないでしょうか?サービス残業という名称に慣れ親しんでしまっている私たちが、今更別の呼び方に変えるというのは、結構難しいと思います。変わるならば変えてもらっても全然良いと思うし、個人的には奴隷残業が1番しっくりくるかな?と思うんです。名称を見ただけで実態が1番分かりやすいと思うからです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム