トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

自己分析はやる必要ない?やる意味は?なんのために必要なのか?やらないでもOKかも

就職活動における自己分析というのは何をすれば良いのでしょうか?そもそも自己分析とは必要なのでしょうか?自己分析はそもそも必要ないという意見もありそうです。なんのために自己分析をやるのか?と言われたら、就職する業界を絞り込んだり、自分が進む道を明確にするためというのがありますが、それ自体に意味がないとは言いませんけど、結局就職活動というのは、自分目線で全てを決められるわけではなく、企業目線で決まる部分が大きいわけです。

それはどういうことか?というと、自分で就職する企業を選べるわけではなくて、企業側に選んでもらうことになるわけですから、自己分析はあくまでも自分の判断によるものです。その自分の判断が企業にとっても同様の判断になるとは限らないのです。そうなると、自己分析はいらないとまでは言えないかもしれないですけど、自己分析は必要ないかもしれないということになります。自己分析はなんのためにやるのか?の部分が分からなくなってくるということです。というか、後から結果的にやる意味がなかったということが考えられます。

自己分析をしても、結局は自分目線の適性ではなくて、企業目線の適性で選ばれる、選ばれないというのがありますから、自分で特定の業界とかに絞ってしまって、そこに属する企業が総じて適性がないと判断してしまうと、内定が1つもとれないということもありえます。つまり、自己分析はやる意味はないわけじゃないです。でも、自己分析はなんのためにやるのか?結果的に内定を遠ざけてしまうかもしれないなら、自己分析をやる意味とは何なのか?ということになります。ここが自己PRとかを考えるときには重要になることもあると思うのです。ただし、自己分析をやり過ぎると、視野が狭くなってしまい、就職可能性を狭めてしまうことがあるので注意した方が良いということです。

内定のチャンスはいろいろなところに転がっているので、自己分析をやる意味としてはあるのだけど、特定の狭い領域にのみ集中して受けるとリスクがでかいです。自己分析を就職活動前にやるのではなく、就職活動をやりながら、手応えや企業の反応などを見て、自分ってどういう人間なのか?どういう能力や適性があるのか?どういう業界に向いているのか?を判断していくのも良いかもしれません。自己分析は必要ないとは言わないが、就職活動を始める前にやる人が多いじゃないですか?それが可能性を狭めてしまっていることもあるかもしれないので、注意してほしいということになります。

自己分析はやらないという人も恐らくいるでしょう。自己分析をやらないというのもあながち間違いじゃないというか、自己分析っていう作業をやろうという気にならなくても、無意識のうちにやっている人って多いと思います。だから、自己分析をやらないという人も結果的にやっているならば、自己分析をやらないことが問題にならないということになります。自己分析は必要か?と言われると、自己分析が必要なわけではなく、その場そのときに応じた適切な判断が必要なので、それに与するようならばやると良いということになると思います。自己分析は就職活動の前ではなくて、始まった後が良いと思うんです。

そして、最初から特定の規模の企業とか、特定の業界に絞るのではなくて、いろいろなところを受けていくようにすると、そこから自己分析に使える材料が集まってくるような気もします。特定の業界じゃないと嫌だという人はともかく、そうじゃないならば可能性を探るために、多種多様な企業、業界を受けていくと良いかもしれません。その中から思わぬ企業や業界があなたの適性を見出し、採用してくれるかもしれませんから。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム