トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

若者が酒を飲まない、若者の酒離れが進む理由や原因を紐解いてみると・・・

若者の酒離れということが言われることもありますけど、これって結構前から既に言われていると思います。若者の酒離れの原因って何なんでしょうね?いろいろな理由があると思うんですけど、興味関心がなくなってきたんじゃないですか?それって結局、お酒はステータスとかの意味合いも大きいわけじゃないですか?大人への憧れみたいな感じで、20歳を過ぎると真っ先に酒を飲み始める人いるでしょう?美味しいか?どうかもわからないのに、それって酒を飲めることをステータスのように感じている人がいるってことだと思うのです。

でも、酒よりも美味しい飲み物があるかもしれないし、実際あるでしょう。私は酒飲まないですし、ジュースの方が美味しいです。若者の酒離れの原因はステータス意識が薄くなってきた点が1つあるのではないか?と思います。車に乗らなくなった若者が増えてきた理由もそこだと思うのです。ステータスのためにお金を使う必要性を感じなくなってきた若者が酒離れを生んだ1つの理由かな?という気がしています。そういったことが「若者の車離れの次は「酒離れ」が進む 20代男性の4割が「お酒NG」状態」にも載っています。

車離れ、テレビ離れなど、「若者の〇〇離れ」が話題だが、今度は「若者の酒離れ」が進んでいるという。ワイン情報サイト・バザールが10月11日、「お酒を飲む頻度」に関する調査結果を発表した。それによると、20代男性の約40%は月に一度もお酒を飲まないのだという。

20代の27%が「まったく飲まない」と回答

調査は、20~69歳の男女6638人に対し、8月19日~30日の間にネット上で実施した。

「あなたはお酒をどれくらいの頻度で飲みますか」という質問に対して「毎日飲む」と回答した人は20.7%、「週に2~3回飲む」は15.5%だった。対して「まったく飲まない」は23.1%、「ほとんど飲まない」は15.8%という結果だった。

年代別で見ると、年代が低いほどお酒を飲まない。前述の質問で「ほどんど飲まない」「まったく飲まない」の回答の合計(調査では「お酒NG」と表記)は20代では44.8%、30代では41.2%、40代では38.8%、50代では35%、60代では34.6%という結果になる。また、20代では27.1%が「まったく飲まない」と回答している。

「お酒NG」の回答を性別と年代別でさらに詳しく見ると、男性は20代では39.8%、30代では29.5%、40代では30.1%、50代では26.2%、60代では25%だった。20代が突出して高いことがうかがえる。若者の酒離れは確かに進んでいるようだ。



若者が酒を飲まない理由はいろいろなものがあると思うんですけど、1つは私がさっき言ったようなものが含まれている気がします。あとは会社での飲み会とかの存在とかも大きいのかもしれないです。大学生時代からそういった機会というのはあると思うんですけど、飲み会とかの場があまり好きじゃないという人が増えてきたと思うんですよ。それは社会人が顕著かな?1人が好きという人が増えたということも関連していますが、その時間を飲み会とかにとられやすくなるのが社会人だと思うので、それによって飲み会と酒が好きになれないような人がどうしてもいると思うのです。

若者の酒離れの理由はそういったところにもあると思っていて、結局会社への信頼がないからというのが、若者の酒離れの理由になっているのかもしれない。若者が酒を飲まない理由は本当にいろいろなものが考えられるが、そういう強制力への嫌悪感から酒を拒絶するケースもあるのではないでしょうか?元々、酒が嫌いだったわけじゃないが、酒が絡むイベントなどに好意的ではないため、そこに強制力が生まれたことで酒そのものまで嫌いになりつつあるというか、避けているような人がいるのではないか?と思うのです。若者が酒を飲まないことは別に悪いことではないと思うので、私は何とも思わないわけですけど。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム