トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スメルハラスメントの迷惑行為を指摘されたときに論破する言い返し方

「スメルハラスメント」という言葉がありますが、匂いに不快を感じて、それをなんとかしてほしい!という側とそんなことまで気にするな!という側の対立があるようです。私はこういう問題のときには毎回同じ主張をしています。他人の迷惑を指摘するならば、他人から指摘されたドンナ迷惑も改善すべきということです。それができるならば、スメルハラスメントを迷惑行為として他人に指摘して良いと思うのです。実際にそういうトラブルが「ニオイを注意された外国人社員が逆ギレ「スメハラなんて化粧品メーカーの造語!」 日本の職場は嗅覚が敏感すぎるのか?」に載っているわけです。

>最近話題にのぼることが多い「スメルハラスメント」。職場において体臭や口臭などニオイによって周囲に不快感を与えることだが、本人がまったく気づいておらず、周囲は辛いながらも注意しにくいのが悩みどころだ。

そんな中、8月30日にQ&AサイトのYahoo!知恵袋で「スメルハラスメントって一般に認識されたハラスメントなのでしょうか?」という質問があった。相談者は人事担当者らしく、東南アジア系の男性社員が周囲のクレームを受けたようだ。

「社食の納豆やキムチの販売差し止めを申し入れたい!」

ところが男性社員に対し、相談者が「スメハラと言われているので口臭に気遣って欲しい」と伝えたところ、強い口調でこう反論されたという。

「スメハラなんて、日本の化粧品メーカーやガムメーカーの造語。もし私がスメハラだと言われるなら、社食の納豆やキムチをスメハラとして販売差し止めを申し入れたい! 名誉毀損で裁判してもいい」

相談者は困惑し、「スメハラは懲戒理由にできるのか、懲戒は無理としても採用条件に『体臭が他人に不快感を与えない』を入れても良いものか」と尋ねていた。

確かに食べ物のニオイや体臭は、周囲に嫌がらせをするために故意に漂わせているわけではない。それを強引に「ハラスメント」の概念に混ぜて、「スメハラ」などと侮蔑的な呼び方をつけるのは、他者に対する敬意があまり感じられないのは確かだ。

それでも回答者からは、「被害者」の観点からこんな回答が寄せられている。

「『スメハラが造語であろうとなかろうと口臭が周りから嫌がられていることを自覚して対策をとってほしい。納豆やキムチの匂いではない。名誉毀損で裁判も、やりたいならどうぞ』という内容の反論でいいと思いますけど」


スメルハラスメントという言い方が、なんとなく悪意を含んでいるというのはあるかもしれない。しかし、その悪意を含んだ指摘の仕方は当人にとっては迷惑行為なのは間違いない。そして、その迷惑行為を指摘された側としては納得いかないというケースなんでしょう。その場合には、ある方法がとれます。そのスメルハラスメントを言ってくる側に対して、迷惑行為を指摘することです。当然、スメルハラスメントを指摘する側は「迷惑」という部分を根拠に否定をしているわけだから、言われた側が、言っている側の何らかの行為を迷惑を感じたならば、それを指摘すれば良い。

そして、それを止めてくれるならば、こっちも止めるという主張をすると良いでしょう。実際、迷惑行為をかけているスメルハラスメントだけではない。スメルハラスメントに不快感を感じて指摘している側も一緒のはずです。他人の迷惑行為をやめさせたいならば、自分が他人にかけている迷惑もやめるべきですよね?それがバランスのとれた筋の通った話になると思います。匂いで迷惑と指摘された側は逆に指摘した側の迷惑行為を指摘すると、相手が言い返せなくなる可能性もあるので、そういった対策がとれますよ。という話です。

そして、相手がこっちが指摘した迷惑行為をやめないのに、こっちの迷惑行為だけを非難するならば、それは自分勝手な行為を言っておけば、相手もそれ以上言ってこなくなるんじゃないですか?私自身は臭いで不快感を覚えても多分何も言わないですね。それは同じ理屈です。自分も何かしら誰に不快感を与えているであろうという認識があるため、お互い様だと思っているからです。だから、私は大したことない迷惑行為はいちいち指摘はしません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム