トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

経済学部は何を学ぶの?何をするの?どんな勉強をするのか知ると興味が沸くかもしれない

大学での経済学部って何を学ぶところなのか?よく分からないという人は多いのではないでしょうか?経済学部と一言に言っても実はいろいろな範囲を含んでいるので、簡単に説明するのは難しいです。経済学部は何をするところというのは大学によっても違いますし、学科によっても多少違うでしょう。でも、共通点も多いと思うので、そういったところで少しでも経済学部は何を学ぶところなのか?が理解してもらえればと思います。経済学部のイメージはそれぞれであると思いますけど、一致するか?どうか考えてみましょう。

経済学部というのは何をするところか?経済をやるんですけど、経済という範疇には収まらない分野も扱います。例えば、政治学とか、法律学のような分野も含んでいるのが経済学部になります。したがって、経済学部は経済だけではなく、他の学部の範囲も含んでいると思った方が良いでしょう。経済学部なのに憲法とかも学ぶ可能性があります。ただ、それは基本的に選択なので、絶対にとらないといけないケースはまずないでしょう。

経済学部では法律や政治の範囲も含むというだけの話ですね。経済は理論や歴史、制度面などから主に学ぶことになるでしょう。理論というのは経済理論です。経済の仕組みとしてすでに体系的に整えられているものについて学ぶもので経済学部で数学を使うとしたらこのあたりになるでしょう。経済学部では何を学ぶのか?というときには、この理論をイメージする人も多いかもしれません。あとは歴史ですね。これは世界史や日本史でも扱った分野とかぶることも多くあると思います。

どこの大学の経済学部でも日本または世界の経済史、そして経済学の歴史の2つについて扱っている授業があるのではないか?と思います。経済学部ではどんな勉強するのか?というと、歴史についても学ぶので、ここは結構学生に人気というか、数学を使わない授業として定評でもあります。そして、さらには制度面ですね。経済学の中には国内で整えられるようないろいろな制度があります。例えば、代表的なのは税金ですか。そういった経済に関するいろいろな制度に関する授業も多くあるでしょう。

この制度面に関しても数学は出てくる印象ではないです。全く出てこないわけではないでしょうけどね。制度はこれまでのものよりも現行の制度を扱うことが多いですね。おおまかに理論、歴史、制度について分けてみましたが、実際の大学での経済学部の授業がどれに当たるか?というのは分類が難しい場合もあります。また、この3つ以外でもジャンルが存在するケースもあるので、分類は難しいです。ただ、経済学部は何をするのか?というときにはなんとなくでもイメージできれば良いのではないか?と思います。経済学部は何するところか?ほとんど想像もつかないような人にとっては少しでも参考になればと思いましたので。

経済学部ではどんな勉強をするのか?それを知ったうえで経済学部を受験するか?どうか決めると良いと思いますし、経済学部でどんな勉強をするのか?知ると、余計に経済学部について興味が沸くかもしれません。したがって、自分なりに経済学部は何する学問なのか?学ぶ内容は何なのか?を考えておくと良いですね。受験勉強をやっている人は大変だと思いますけど、そういった部分についても日頃から考えていきましょう。経済学部では何を学ぶか?というのは大学によって、学科によって多少は違いますが、おおまかに言うとこういう感じになるのではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム