トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スマホ依存を断ち切るためのツアーに子どもが参加!?意味があるとは思えない

スマホ依存という言葉が以前から叫ばれているが、スマホに依存したらそんなに困るんですかね?困るケースもあるのかもしれないが、依存自体を問題視するほどなのかな?と思うんですけど、それに関連する話題が「ネット依存の子ども達が無人島「スマホ断ち」ツアー 大人が依存気味なのに時代錯誤では?」に載っています。これは前代未聞のスマホ断ち切りツアーというものらしいです。その詳細が以下で引用している部分です。

人は、一度でも便利なツールを手にしたら、二度とそれを手放そうとしない。一部ではそれを「依存」と呼ぶ向きもあるが、エアコンしかり炊飯器しかり、便利な道具というものは生活を豊かにしてきた実績があるし、今更使うなと言われても無理なものだ。

特にスマホは、よく依存云々と批判されやすい。まあ、携帯電話としての機能と、娯楽ツールとしての機能を兼ね備えた、最高のガジェットなんだから、そりゃ手放せないはずである。

無理やりスマホ断ちツアーに参加させられた子供たち…親も参加しないの?

そんな中、28日の「報道ステーション SUNDAY」(テレビ朝日系)で、笑える特集が組まれていた。「無人島『スマホ断ち』合宿 子どもたちが挑む夏の試練」というタイトルで、ネット依存の傾向があるという小・中・高の子どもたちが、無人島で合宿し、スマホなしで生活する、というツアーの様子を取材したものだ。

参加者は全部で14人。13歳、中学2年生の男の子は「行きたくないけど無理やり。行きたくない」と、親に勝手にツアーを申し込まれたことを打ち明ける。こういう参加者は他にも大勢いるようで、皆一様に表情が暗い。

この合宿の舞台となったのは、兵庫・姫路市の西島。西島には宿泊施設はあるものの、居住している人はいない。マイルドな無人島というわけだ。

ツアーではまず、合宿をサポートする大学生らによって参加者のスマホが没収される。もうこの時点でイヤなものを見た気分になる。わが子をネット依存にさせたという自覚があるのなら、親も責任を取って同行すればいいのに。


この4泊5日で効果あるんですかね?これははっきり言ってあまり意味があるとは思えないのです。なぜか?スマホを使うということが社会的に見て常識的な行為であり、程度の差はあるかもしれないけど、誰もが日常的にスマホに依存しているはずだから。スマホを使っている人なんて至るところにいる。そういう光景を見れば、スマホ依存の何が問題なのか?みんなどこでも構わず使っているじゃないか?と私なら思います。

これが危険ドラッグとかだと話は別で、それに依存症の人は世間で非難の対象になっていることや日常的に多くは全く使っていない現状を踏まえて、我慢をする部分にメリットを見出せるかもしれないのだが、スマホの場合にはそういった圧力はあまりない。スマホ依存が問題とは言われているものの、結局みんなそれなりに使っていて、依存を問題視するのは直接は親など身近な存在だけでしょうからね。スマホ依存を止める術はなかなかないと思います。それに4泊5日じゃ全然意味がない思う。

スマホがない生活に慣れるためには最低でも1ヶ月以上は必要でしょう。4泊5日じゃ、スマホを使えないモヤモヤの葛藤と戦っている最中だと思う。つまり、スマホが使える環境に戻れば、再びスマホを使おうとしてしまうはず。スマホをこの年代から買い与えることの是非は別にあるが、スマホ依存自体はそんなに問題かね?と思いますけどね。引用文に書かれているようにスポーツとかに熱中している場合には依存なんて批判の仕方はされない。

スマホ依存だと歯も磨かないし、風呂も入らないといわれているが、スポーツ依存だって怪我の可能性が高まったりしてもちろんデメリットはあるわけだから、依存が問題ならばスマホのみではなく、あらゆるものを問題視すべきじゃないか?と思います。なぜスマホだけ問題視されるんですかね?人間は日常生活の中で、便利なもの、楽しいものなどいろいろなものに依存しています。それによる問題点もあるが、歯を磨かないとか、風呂に入らない程度ならば、スマホを取り上げなくても解決可能な問題だけに、手段としていきすぎなのでは?と思えてくる面もあるのです。それにスマホ依存だけ槍玉に挙がるのも何だか解せないという感じがとてもします。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム