トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

休むときには連絡いらない!無断欠勤を認める会社のやり方に称賛が続出!

会社を休みたくてもなかなか休めない事情を抱えているのが現代の社会人ですが、その中で無断欠勤を許すという画期的な策を講じた会社が話題になっています。その詳細が「「無断欠勤を許容すれば、仕事の効率や品質も上がる」 子育てママのパートタイマーを応援する工場長に思いを聞いてみた」に載っているのですが、ここは社員の働き安さを重視した結果、休むときには連絡不要ということを決定し、それによって欠勤をするという連絡をするハードルをなくしてあげて、社員が休みやすくなったという現状があるようなのです。

女性にとって育児と仕事の両立は、頭の痛い問題だ。身体の弱い子どもがたびたび熱を出し、通院や看病で仕事を休みがちになると、同僚から白い目で見られ、「あの人だけ休めて不公平」「迷惑だ」などと陰口を叩かれる――。そんなケースは多いことだろう。

そんな中、大阪にある水産会社では、子育て中のパートタイマーに「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」制度を3年前から導入しているという。これにより従業員の自主性が増し、業務の効率や品質も上がったとか。そんなことが可能なのか、取材してみた。

ネットは称賛「社畜には信じられない働きかた」

話題のきっかけは、8月12日付け朝日新聞に掲載された「『好き』尊重して働きやすく」という投書。筆者は会社員の武藤北斗さん(40)。この投書をツイッターユーザーが紹介したところ、ネットでたちまち話題となり、称賛の声が殺到した。

「ホワイトすぎて後光がさすレベル」
「これなら安い賃金でも従業員の忠誠心が養われそう 」
「社畜には信じられない働きかただな……」

好きな日に出社できて、休みの連絡は必要ない。おまけに嫌いなことをやらなくていいとは、確かに夢のような環境だ。しかし具体的な実現性を考えると、さまざまな疑問が湧いてくる。例えば、そのような働き方で生産計画との齟齬は出ないのだろうか。

ネットを検索すると、投稿者の武藤さんは勤務先のパプアニューギニア海産のウェブサイトで、投書への反応について補足情報を発信していた。そこでキャリコネニュースでは武藤さんに電話取材をし、さらに詳しい話と背景にある思いを聞いた。

「休みの質」を大切にしようと考えた

武藤さんによると、会社は以前から「子どもが熱を出したときには当日欠勤してもいい」と伝えていたという。しかし従業員からすれば、「今日はお休みします」とは決して言いやすいものではない。そこで武藤さんは、逆転の発想を取ることにした。

「病気の子どもを置いて、お母さんは仕事には行けないですよ。ならば休むときに、いかに気持ちよく休めるかという『休みの質』を大切にしようと考えたんです。ちゃんと休めば、ちゃんと働いてもらえる。だから逆に『好きな日に連絡なしで出勤できる』ことにすればよいと思ったんです」


会社が率先して無断欠勤を認めるっていうのはかなり斬新ですが、労働者にとってみれば非常にありがたい措置とも言えそうです。無断欠勤を認めると会社を休みがちになるのではないか?と思うかもしれませんが、さすがにクビになるかもしれないような頻繁な休み方はよほどの事情がなければしないでしょうし、こういった取り組みを会社がしてくれることで、会社への信頼度が増し、余計に働くモチベーションが上がる可能性もあります。そういった狙いも実際にあるでしょう。

この会社の場合には、無断欠勤を認めて問題が起きている感じもないですし、生産性が上がっているなんて報告もありますから、有効な策なのかもしれません。多くの企業では無断欠勤を認めないどころか、連絡の手段は電話のみとか、非常に制限的な状況になっていることも珍しくありません。したがって、こういう非常に緩い欠勤の仕方を認めて、革命を起こしたこの大阪の水産会社の取り組みが今後広がれば、多くの労働者にとって少しでも働きやすい環境が生まれるかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム