トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

宅建のための予備校で費用が安いのは?おすすめなのは資格スクエア!

宅建の資格をとりたいと思っている方も多くいるのではないでしょうか?宅建の資格は独学でとれないこともないとは思いますが、予備校に通う人が多いのも事実です。予備校には過去の傾向や問題などを分析したデータが豊富にあり、それをもとに授業を進めていくので、単純に勉強の効率が上がったり、合格可能性が上がるというメリットがあると思います。そういった点から宅建の予備校はどこがおすすめなのか?ということを考えている人も多くいると思います。

では、宅建の予備校としてはどこがいいのか?ということについて話していきます。宅建の講座を開講している予備校はいくつかありますが、費用面でいえば「資格スクエア」が1番におすすめと言えます。この資格スクエアは月額あたりの料金設定になっているのが特徴なのです。資格スクエアの宅建の講座は月に3000円からとなっており、これは相当安いと言えます。多くの予備校では1年単位で料金設定がされており、だいたい10万円以上はします。しかし、資格スクエアは1年間利用しても数万円で済んでしまう計算なので、かなり安いと言えます。これ以上の宅建の予備校で安いところはなかなかないでしょう。

資格スクエアは1年間利用しなくても構いません。1ヶ月ごとに支払いなので、やめたいときにやめられます。しかし、従来の予備校は1年間分の料金を支払ってやめたいときにやめられるということなので、1年を待たずにやめた場合には1年間分の料金を損するということになります。そこが資格スクエアの良いところでもあると思います。やめたいときににやめられて、利用した分のお金しかかからないわけですから。こういった点は宅建の予備校で費用が特に安いと言える所以なのです。費用面では間違いなくおすすめできる予備校ですが、それ以外にもおすすめな点はあります。それは資格スクエアは映像授業が基本だということです。

映像授業というのはどういうことか?というと、資格スクエアではインターネットにパソコン、スマホ、タブレットなどからアクセスをして、そこから授業を視聴します。これが宅建の予備校で費用面でもおすすめだが、それ以外にもおすすめと言える部分になります。映像授業のメリットは何か?というと、やはり都合の良いときを選んで授業を見られるということになります。通常の予備校は予備校が授業をやる日時を決めて、そこに行かないといけないので、都合が悪いと困ります。しかし、映像授業はあらかじめ録画した映像をインターネットから流しているだけなので、日時を指定されないのです。こちらが都合の良いときを選んでインターネットにアクセスをして動画を見られれば、困ることなんかありません。自分が授業を受ける日時やタイミングを決めて良いわけですから、利便性は非常に高いのです。インターネットは24時間営業ですから、そこがメリットとして大きいのです。

授業に出られなくて、聞きたい授業を聞き逃した!とか、そういったことがありません。また、もう1つのメリットとしては動画なので、巻き戻しとかがしやすいですよね?通常の教室で聞く授業は1回聞いたら終わりです。また、同じこと言ってください!とか、言えませんけど、映像授業は巻き戻しができますから、聞きそびれたところやもう1回聞きたいところがあればいくらでも好きなだけ視聴できるわけですね。これが資格スクエアのメリットになります。宅建の予備校としては安いだけじゃなくて利便性も兼ね備えているのが素晴らしいと言えると思いますが、本当に費用面では宅建では1番の予備校でしょう。本当に宅建の予備校としておすすめと言えると思います。この資格スクエアが気になる方は初回の授業だけを無料で見られますから、それを視聴しても良いのではないでしょうか?無料の授業を視聴すれば、資格スクエアがどういった質の授業をするのか?が理解できますから。

無料の会員登録をすると、初回の授業を無料で見られるので、資格スクエアが気になるという方、興味があるという方はもし良ければ初回の授業を見て、資格スクエアに対する理解を深めてみてはどうでしょうか?宅建の予備校として費用が安いという部分に目がいきがちですが、宅建の予備校の中でも安いだけではなくて、利用者にとって使いやすい点も見逃せないのが資格スクエアになりますから、多くの人にとってメリットのある予備校として覚えておいてほしいと思います。

これからの法律学習新常識!先輩は既に始めている!最新の法律学習システム。【資格スクエア】
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム