トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

法政大学のセンター利用のボーダーは何割?立教や明治と比べて低い、合格しやすいのが特徴

法政大学を受ける人はたくさんいると思います。法政大学は一般入試のT日程、A日程、B日程などがありますけど、センターいよう入試で受験をするという人も多くいると思います。法政大学のセンター利用のボーダーはMARCHの中でも特筆して低い場合があります。そこまで低いわけではないですが、学部によっては8割を切るくらいの点数でも合格可能性があるのです。法政大学のセンター利用入試はそれだけ難易度が易しいということも言えるかと思いますが、狙い目ということになるでしょうか。

法政大学のセンター利用のボーダーは何割か?というとこれはMARCHの中でもやや低い方に入ります。法政大学以外の4つの大学は概ね85%前後が多いです。中でも明治大学と立教大学のセンター利用入試のボーダーは高く、全部の学部ではないですが、3科目で80%台後半が必要なところもあります。MARCHの中では偏差値でも立教大学と明治大学は抜けてきていますけど、それがセンター利用入試のボーダーにも表れてきているのです。

法政大学のセンター利用のセンター利用のボーダーは何割か?というと、文学部、法学部、経済学部、経営学部、社会学部などの主要学部はだいたい85%くらいまでに収まっています。つまり、80%台前半が多いということですね。8割前半っていうのは、決して低い数字ではありませんが、他のマーチの4つの大学と比べたら、特に明治大学や立教大学のセンター利用のボーダーの割合と比べたら少しやっぱり差がある感じですね。詳しい数字は年度にもよって多少変わりますし、学部によって少し差はありますけど、どうしてもマーチに入りたい人は法政大学のセンター利用入試を狙うと良いと思います。

また、法政大学のセンター利用では得点率が8割前後くらいの学部もあるのです。法政大学のセンター利用では必要な割合や点数が8割前後というマーチの中でも異例の学部もあります。それはマイナーところになりますけど、法政大学のセンター利用のボーダーの割合が低いのは現代福祉学部、人間環境学部、キャリアデザイン学部などです。ここら辺は8割前後合格可能性があるので、マーチの中でも極めて入りやすいといえると思います。いずれも3科目の場合になるでしょう。

明治大学や立教大学は対象的にそういった学部はほとんどないですかね?立教のコミュニティ福祉学部は82.3%くらいで可能かもしれないくらいで、他はほとんど8割5分くらいは必要ではないでしょうか?明治大学や利教大学のセンター利用の必要な割合や得点率は本当に高いので、ここに受かるにはそれこそ早慶に一般入試で入れるレベルでないと厳しいのではないでしょうか?立教大学や明治大学のセンター利用のボーダーは何割かという数字と法政大学のセンター利用のボーダーは何割かという数字は大分格差があるので、MARCHの中でも難易度にはかなり差があるということなのです。

法政大学の難易度は一般入試とセンター利用入試それぞれにおいて、他のマーチの大学とはやっぱり差があるでしょう。今は中央大学も若干法政寄りになってきた印象ですけど、それでもまだまだって感じもします。法政大学のセンター利用の得点率や必要な割合を調べて、受かりやすい学部を選んで受験すると、センター利用の段階でマーチに受かるかもしれません。そうなれば、一般入試では余裕が出て、行きたいところのみを、もっと高いレベルの大学のみを受けやすくなるので、そういった戦略もあるということですね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム