トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

私立文系で数学はできないから捨てるの当たり前?数学受験するのはあり?

私立文系は主に数学ができない人が多いです。できないというよりは早々に諦めてやらないというパターンが多いような気もしますけどね。だから、私立文系=数学ができないというのはイメージの問題で、実際はそうとも限らないというケースも多い気がします。やれば意外とできるんじゃ?という人はいると思いますけど、多くの人は数学よりも社会科の方が点数とれると思うので、結局そっちをやる人が多いのです。私立文系で数学受験をする人もいますが、そういう人は暗記が苦手とか、そういった理由でしょうか。

私立文系は数学がいらないので、数学をあえて選ぶ人は少ないですよ。私立文系にとって数学の難易度はとても感じるかもしれないというのがありますけど、私立文系で数学を選ぶ人は数学がある程度得意だと自負している人でしょう。私立文系が数学を捨てるというのはよくある話ですが、逆に数学が得意なのに、私立文系の人もいます。そういう人は理系受験するよりも文系受験した方が結果的に良い大学に受かるかもしれないという予見があるからではないでょうか?理科は得意ではないが、数学は得意という人もいますから。

そういう人は私立文系で数学受験をした方が良いが、数学受験をする人は数学に本当に自信のある人だけにした方が良いです。
社会科があまり得意じゃないから、覚えるのが苦手だから、私立文系だけど数学を選ぶ、数学で受験するというのはちょっと危険だと思います。そういう人は数学の方がもっとできない可能性もあるので。数学が苦手ではないけど、大して得意でもないという人は社会科を選んでおいた方がまだ良いかもしれないですね。

実際、私立文系で数学受験をする動機というのは、社会科よりも数学の方が点を取りやすいという思惑があるのではないか?と思います。これはよく言われているんですよね。数学の方が問題が簡単なんじゃないか?と。特に経済学部とかは数学受験の方が入りやすいと言われているのを見たことがありますけど、結局偏差値法で得点を出したり、得点調整をすれば、数学の問題が簡単か?どうかはあまり関係なくなります。

したがって、やはり自分が1番得意と思える科目で、点数がとれそうな科目で勝負をしていくというのが1番賢明な気はします。数学をあえて選ぶのならば、それは本当に社会科よりも数学が得意だという自信がある場合、覚えるのが苦手で社会科は向いていないと思える場合など、かなり限定されます。それ以外では、私立文系は数学捨てるというのはありでしょう。私立文系は数学はいらないのが基本なので、あえて選ぶ必要はないわけですから。

私立文系の数学が難易度が低いといっても、できないことには話しになりませんから。私立文系で数学ができない人は社会科の方が難易度は易しく感じると思います。多くは覚えるだけなので、努力をすることと、やり方が間違っていなければ成績は上がりますよ。数学を私立文系で選ぶのはよほどの場合で、私立文系で数学ができない人はもちろん、数学が得意じゃない人も選ばない方が良いと思います。私立文系でも数学の難易度は高く感じると思いますから、理系の場合よりは簡単かもしれないが、だからといって解きやすいか?どうかは別なんですよね。私立文系は本当にレアケース以外は日本史、世界史、政治経済あたりの方がまだ得点できる可能性が高いと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム