トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

美容院で美容師に話しかけられるのが苦痛!話しかけられたくない!という人は意外といる?

美容院に行くと美容師に話しかけられる可能性もあり、それが苦痛という人もいるみたいですが、それでもお客さんに話しかける美容師は多いという。お客さんは話しかけられるのが嫌でも、話しかけないでください!とは言いづらいため、美容師がそういったお客さんがいることに気付いていない。気付きづらいということも言えるでしょう。美容師のこういった行動については「美容師の「今日はお休みですか?」にウンザリする声 「平日の昼間に来てるんだから察して」「話しかけないでオーラ出してる」」でも取り上げられています。

>ブログの筆者全マシニキさんは、平日に髪を切りに行った際、美容師から「今日はお休みですか」と質問されるのがたまらなく嫌だという。全マシニキさんは美容師の質問が会話のきっかけであることを理解しつつも、「休みの日は何をしているのか?」などと、プライベートを詮索されることが嫌いなようだ。

「それとも美容師ってみんな『今日はお休みですか?』って言わないと死んじゃう病なんですか?」

後ろめたいことのない超絶リア充ならともかく、世の中には触れられたくない話題がある人もいる。全マシニキさんはブログ内でニートの事例を出している。美容師から「今日は休みですか?」と聞かれ、客は「仕事してないです……」と回答。美容師としては「あ、すいません……」と謝るしかなく、その場が変な空気になってしまう。

実際、美容院で仕事について聞かれて不快な思いをした人はいるようで、2ちゃんねるなどでは「平日の昼に来てる時点で察しろよ」「聞かれたくねえよな答えたくもねえし」という書き込みもあった。ニートが美容院に行って仕事を聞かれたときの回答例があるほどだ。

「美容師・美容室を固定してしまえば会話がなくても気まずくならない」

会話自体をしたくない、という人も少なくない。

「300 円程度なら払うので 『無言カット』 オプションがあったら問答無用で常連になるのにと思うことがあります」
「美容師さんが切り始めたら雑誌に目を落とし話しかけないでオーラを出すようにしている」

ちなみに筆者(編集部S)は高校3年生のとき、髪を切りに行った際に美容師さんに「お子さんは何人いらっしゃるんですか?」と聞かれたことがある。

確かに筆者は一般的な18歳に比べれば老けていたのは認める。だが、美容師の勝手な憶測によってされた質問に、筆者は不快な思いをしたし、周囲も変な空気になった。これなら何も話しかけられない方がましだ。


全員が美容師との会話をしたくないと思っているわけではないだろうから、話しかけるのが一概に不正解とも言い難い。現実的に美容院に行って話しかけられるのが苦痛と思っている人間とそうじゃない人間はどれくらいいるんだろうか?そういうアンケートでもあれば良いんですけどね。一応、そういったものがないか?探してみたら50.3%の人が美容師に話しかけられたくないと思ったことがあると回答したアンケートがあるようです。

この数字は結構、微妙ですよね。だいたい半分ですから。何とも言えない部分でもありますし、「話したくないと思ったことがある」という言い方だから、毎回とは限らないわけだ。そうなると、話しかけてもらっても構わないという見方をしている人の方が多いかもしれません。私が美容師だったら、なんとなく話しかけて大丈夫か?ダメそうか?は見た目で判断がつくかな?という気もしてきます。オーラっていうか、雰囲気でこの人は話しかけると苦手そうというというのが分かる気がするのです。

私は美容師だったとしても、そもそも話しかけたりはしないですよ。私がそもそも話が得意じゃないですから。だから、私は基本的に話しかけられたくないけど、話しかけたくもないという感じなのです。結局、人によって感じ方が違うので、美容師がお客さんに話しかけるのが正解か?どうかは人によるということになるでしょう。でも、話しかけられないで美容院を変えることはなくても、話しかけられるから美容院を変えるって人はいるかもしれないので、営業的には話しかけないほうがより多くのお客さんを集められるかもしれないです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム