トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

中央大学法学部の難易度は倍率を見ると高くない?受験科目や学科で入りやすいところもある

中央大学法学部というのは非常に高い難易度を誇る大学で、私立大学の法学部の中でも最高難度まではいかないけど、その付近にはあると思います。中央大学の法学部は偏差値もとても高いですけど、以前よりは入りやすい状態になってきているのかな?という印象を受けます。特に中央大学の法学部の政治学科と国際企業関係法学科は倍率が低くなってきています。中央大学法学部は一般入試が多岐に渡っていて理解しづらいのですが、統一入試と個別入試があります。

中央大学法学部に関しても受験科目がそれぞれで違うというか、科目数が違ってくる場合があります。中央大学法学部の統一入試と個別入試は3つの学科ごとに3教科入試と4教科入試があるので、それぞれで受かる難易度が違うのです。中央大学法学部の3教科入試は受験科目は英語、国語、選択科目となっていますが、中央大学法学部の4教科入試はそれに数学が加わるみたいです。したがって、中央大学法学部の倍率は4教科入試がとても低いんですけど、意外と3教科入試の倍率も低いです。

そして、先ほど少し言いましたが、中央大学法学部は法律学科の3教科入試は倍率がそこそこ高いです。過去の入試結果を見ると。しかし、それ以外は中央大学法学部の政治学科と国際企業関係法学科の倍率は意外と低いです。1倍台のケースもあります。統一入試と個別入試、3教科入試と4教科入試でも微妙に違うんですけど、概ね2~3倍くらいの間ですね。でも、中央大学法学部の場合には問題のレベルがとても高いので、中央大学法学部の倍率が低いと言っても受かりやすいとまでは言いづらいです。

でも、昔ほどの早慶に匹敵するほど難易度という感じは中央大学法学部にはあまりない印象です。難関大学には変わりないけど、中央大学法学部の偏差値も若干低下傾向にありますし、それにともなって中央大学法学部の難易度も下がってきてはいると思います。でも、まだ難しいですよ。中央大学法学部のレベルは早慶まではいかないとは思うが、MARCHの中でもトップクラスではあると思います。最近は明治大学の伸びが著しいですからね。人気や受験者をそっちにとられつつあるのかもしれません。明治大学はキャンパスが文系は4年間都心ですから。

中央大学法学部の倍率は法律学科、政治学科、国際企業間刑法学科ごとに、あとは統一入試か個別入試か、3教科か4教科か、というそれぞれごとに調べてもらえれば詳細が分かると思います。この3つの学科の中では中央大学法学部の法律学科が1番難しい印象ですが、中央大学法学部の政治学科と国際企業関係法学科は相対的に入りやすいと言えるかもしれません。あまり差はないと思いますけどね。中央大学法学部で入りやすい学科となると、そこの2つかな?という感じがするだけであって。

中央大学法学部のレベルは以前として高いですが、学科や入試方式を選べばまだ可能性が上がるでしょう。中央大学法学部に受かりたい人は受験科目や入試方式から自分がどれなら1番受かりやすいか?特に学科得選びも慎重になって受けると良いでしょう。チャンスは複数回あると思うので、何度か受けてみると良いと思うんですよね。中央大学法学部のレベルは難しいですけど、考え方次第では中央大学法学部に入りたい人の可能性が上がるチャンスはあるでしょう。中央大学法学部の倍率や偏差値の動向を見ると、多少はチャンスがあると思えるかもしれないですし、そういう部分のやる気が大切なんですよね。どうせオレなんてダメだと思うよりは、オレでもいけるかもしれない。と思えるか?どうかは大きいですよ。中央大学法学部の難易度は依然として高いですが、今後は中央大学法学部に入りたい人のチャンスはどんどん広がっていく傾向にあるかもしれないです。どうしても中央大学はキャンパスの立地から敬遠されがちみたいですからね。そこが解決すれば中央大学法学部を含めて、大学全体のレベルも偏差値も上がると思うんですけどね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム