トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

指定校推薦の難易度や仕組みは?合格率は?落ちないわけではないが受かりやすい

指定校推薦を使って大学受験をしようと思っている人はいるのではないでしょうか?指定校推薦は合格率が非常に高いため、必ず受かるという見方をしている人もいるかと思いますが、指定校推薦は必ず受かるというわけではありません。合格率がとても高いので、それに近い状態にはなっていると思いますけどね。だから、指定校推薦は絶対に落ちないというわけではないです。でも、落ちる人はほとんどいないと言って良いのではないでしょうか?

指定校推薦の合格率はどれくらいなのか?数字は出ていないと思います。99%くらいはあるのではないでしょうか?それくらいに指定校推薦の合格率は高いと思いますし、難易度は易しいのです。でも、指定校推薦の難易度が易しいというのは、とりあえず校内推薦を通り抜けた場合の話であって、その前段階に通らないといけないということになります。だから、誰もが入りたい人気大学だと指定校推薦の難易度はかなり難しくなるでしょう。逆に不人気の大学は校内選考に通る可能性も高いので、指定校推薦の難易度は低いと言えると思います。

指定校推薦の難易度は大学のレベルによっても全然違います。校内で争うライバルの数が変わりますから、単純に校内選考に通る倍率が違ってくるのです。どれくらいなのか?は分からないですけど、1つの枠に10人以上が争うなんてことも普通にあるのではないでしょうか?人気大学はそれだけ枠も少ない傾向にあるでしょうから。その代わり希望者は多いと思うのです。だからこそ、偏差値の高い大学や有名大学の指定校推薦の難易度はとんでもなく高い場合があります。

でも、どういう大学であっても、校内選考を通れば、それ以降の難易度はほぼ一定ではないか?と思います。校内選考に通った後の指定校推薦の合格率はほぼ99%くらいはあると思うので、受かりやすい試験と言えると思います。指定校推薦の難易度は校内選考の時点とそれに通った後ではまた違うのです。校内選考に通った後はほぼどこも一定で受かりやすいと言えると思いますけど、校内選考の時点では倍率10倍以上もあれば、1倍以下というのもあるでしょうし、なかなか全体の難易度としては捉え方が難しいと思います。

指定校推薦の難易度はこういった感じで捉えどころのない部分もありますけど、校内選考にとおりさえすれば簡単と言える試験かな?と思います。指定校推薦は受かりやすいという見方をしている人もいますけど、それは特定のケースですね。不人気の大学ならばそうでしょうけど、人気大学となると必ずしもそうではない。それは一般入試でも同じですよね。大学のランクが下がると受かりやすいのは一般入試でもそうです。だから、一般入試との共通点もあると思います。

指定校推薦を受けたいと思っている人は多くいると思いますけど、指定校推薦は落ちない試験ではないのでそこは理解しておくことと大学のレベルによって難易度は大分変わるということは知っておきましょう。指定校推薦は落ちない試験というのは、校内選考に通過した後の話であって、それに通過できるか?どうかは話は別ですから。指定校推薦の難易度や仕組みを理解しておくことは必要です。指定校推薦の仕組みは校内選考があって、希望の大学を挙げて、同じ大学学部を希望するその希望者全員の中で枠を争うことになります。希望者が枠の定員以下ならば、自動的に校内選考を通過するケースもあると思います。通過すれば、大学ごとの試験を受けて、面接や小論文が中心になると思いますけど、そういったものを受ければまず合格するということで、指定校推薦は受かりやすい試験なので、それを知ったうえで指定校推薦を利用していくようにしましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム