トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国立大学法人は教養のみ!論文なし!筆記対策は教養の対策でOKだが、合格最低点や合格ラインを越えるのは大変

国立大学法人は筆記試験は教養のみというのは知っているでしょうか?筆記試験が教養試験だけというのは、本当に珍しいです。択一試験の中で専門試験が出なくて、教養試験のみというケースはたまにありますけど、国立大学法人は本当に教養試験のみですから。専門試験がないどころか、論文も専門記述もありません。国立大学法人は一次試験は教養のみというのがまず特徴的なので知っておきましょう。ここは1つポイントになりますから。国立大学法人の筆記対策もここが大事ですからね。教養試験のみの対策になります。

国立大学法人は教養のみなので、すごい楽にも思えるかもしれませんけど、逆に難しいと思いますよ。国立大学法人は教養のみということで、教養試験が苦手なら即終了だからです。挽回のチャンスはありません。だから、ある意味一長一短なんですよね。国立大学法人の受験生で、教養科目が得意な人は良いけど、苦手な人は向いてないってことになりますから。実際、国立大学法人は一次試験の合格ラインも高めで、そう簡単に受かるとは思えません。国立大学法人は倍率も高いですし。

国立大学法人は最低合格点は発表になっていませんけど、20点台中盤から後半くらいは必要と言われていたと思いますから、やっぱり国立大学法人は筆記試験の最低合格点も高いです。その高い点数を出せないと、即終了なので、論文や専門記述がないというのは、挽回のチャンスがないので、人によっては、本当に一次試験すら通過できない難しい試験種になるのです。国立大学法人は教養論文がありませんから、そこが1つ合否を分けるポイントになるでしょう。

国立大学法人の教養の内訳は調べればヒットすると思いますが、よくあるパターンです。どの科目に偏っているとかはあまりないですが、数的処理の出題数はやはり中でも多いですね。だから、国立大学法人は教養の対策だけをやっていれば良いということになりますけど、当然出題数が多い科目を中心にやってほしいと思います。国立大学法人は教養対策だけで良いものの、他の試験種を併願するときには、結局専門試験や論文までやらないといけなかったりするので、それはそれで大変なんですけどね。

国立大学法人は40問で24~27点くらいかな?はとらないと厳しいと思うんですよ。このあたりが国立大学法人の合格ラインになるかな?と思うので、筆記試験対策としては教養のみですから、楽ではありますけど、この点数を本番でとれるように、国立大学法人の筆記試験の対策を講じていきましょう。論文も論文である程度時間かかりますから、国立大学法人は論文なしというのは非常に大きいと思います。人によっては論文が得意で稼げる人もいるかもしれませんが、論文は苦手という人、それほど得意じゃないという人の方が多いと思いますから。

国立大学法人は教養のみで良いというところが1つの特徴にはなりますが、だからと言って簡単ではないのです。国立大学法人は論文なしですが、論文がないことが有利に働くか?どうかは人それぞれですね。国立大学法人は専門試験も出ないですけど、国立大学法人は専門試験なしという点も有利に働く場合とそうじゃない場合があります。人を選ぶ試験種、受かる、受からないの差が出やすい試験種ということが言えると思うので、受ける際にはその辺のことを考えてからにしてほしいと思いますし、国立大学法人の筆記対策をするときには教養の対策のみで良いのですが、どこまで点数を上げられるか?が本当に鍵を握っています。国立大学法人は本当に難しい試験種という認識になりそうです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム