トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

東京オリンピックよりも、金と時間をつぎ込むべきコトが今の日本にはあるのかもしれない

もうすぐソチで開催されるオリンピックが始まります。他国のことだし、冬季オリンピックは全く興味がないのでほとんどスルーというか、まず放送も見ないだろうと思っています。オリンピックというと、日本でも6年後に東京でも行われることになっています。

スポーツ好きの方には地元開催のオリンピックには期待もするだろうし、楽しみな気持ちも当然あるでしょう。ただ、例えば、今回の東京都知事選では細川護煕氏が東京オリンピック開催には反対の意向を示し、オリンピック開催は返上すべきだ!と発言していました。それはオリンピックよりも先に解決すべき問題があるから。ということに他ならないのでしょう。

その代表は原発問題で、こっちが解決していない段階でオリンピック開催は時期尚早だと。6年後にまでに事態がどうなっているのか?は分かりませんが、細川氏の言うこともあながちおかしいと思えない面はあるのではないでしょうか?私自身は夏季オリンピックについてはそれなりに楽しみにしていますし、地元開催を見たいような気持ちも正直あります。

ただ、オリンピックやっている暇やお金があるなら、他に使うものがあるのでは?と言われたら、その通りかもしれないのです。オリンピックを開催することで、主に経済面で波及効果があるのでしょうけど、結局はスポーツであり、娯楽であり、そんな娯楽に多大な時間と費用をつぎ込むなら、もっとやるべきことがあるのかもしれません。

原発問題はその代表にもなるのかもしれませんし、また以前「経済大国の日本で、多くの餓死者が出てしまう理由とは?」の記事絵もお話しましたが、これだけの経済大国にもかかわらず、依然として餓死者が出ています。そして、生活保護受給者は依然として増えているし、ホームレスだってそれなりにいる。オリンピックなんて華やかな世界とは真逆に位置する人たちの数は意外に多いのだと思います。娯楽に金を使うなら、彼らが少しでも安心して暮らせる土壌を作るのが先決のような気もしますね。

競技場、選手村、街の開発とか、外国人に対しておもてなしをしている暇があったら、私たち日本国民の生活基盤をなんとか整える方が国がやるべき、解決すべきモノとしては最優先課題でしょう。しかし、世論的にそんな一部の底辺層の人たちに構っている気持ちにはならない人は間違いなく多いと思います。それは国にも共通しているのでしょう。そういった人たちを支援しても国は発展しない。だって、オリンピック成功に全力を捧げた方が国にとっては好都合なのででしょうから。

そういう意味で、世の中が東京オリンピック開催に沸いている中、ある意味空気をぶち壊す細川氏の発言も私は一定の理解を示したいと思います。東京オリンピック開催決定の瞬間は朝の5時くらいでしたが、私もテレビで見ていましたし、決まった瞬間とても嬉しかったです。でも、今となればそれも素直に喜べない側面を日本は放置している。見て見ぬ振りをしている。そんな事実を考えると、あのときあんなに喜んで正解だったのかな?と思わずにはいられません。


アルバイトに採用が決まると、なんと祝い金が貰える画期的な求人情報サイトがこちら!
採用祝い金がもらえる渋谷パート情報サイト【ジョブセンスパート】

ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム