トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

有給休暇を使いづらい、使えない雰囲気や空気は使い切れない状況より大分ヤバイ

有給休暇を使いづらい雰囲気ってありますよね。これは会社の中でそういう雰囲気が実際にあるというか、言動でそういう雰囲気を作っているんでしょう。有給休暇を使いたいときに拒否したり、妨げたりするのは違法になる可能性が高いが、直接拒否をしたり、妨害したりしないで、有給休暇を使いづらい雰囲気を作っているだけならば、恐らく違法にならないだろう。中が脅迫に近いかもしれないが、上司だけじゃなくて同僚らが、有給休暇を使わせないような空気が流れている。そういう言動を日頃浴びているようなケースでしょうか。

有給休暇を使いきれないくらいの悩みならばまだマシというケースがあって、それが今言ったような有給休暇を使いづらい空気があるということです。有給休暇を使えない雰囲気や空気があると、それ自体は上司や会社などが意図的に作っていたとしても、いきなり違法にならないだろう。というか、違法なやり方で有給を邪魔すると、それはマズイので、会社も考えるわけだよ。合法的に有給休暇を使わせないためにはどうするか?それを考えるわけ。

会社っていうのは基本的に株主のことを優先しており、従業員のことをそこまで考えているところはあまり多くないんじゃないか?と思います。株式会社は建前上は株主に還元するものであり、そのための利益を従業員を使って生み出すという仕組みになっているから、株主のご機嫌は伺うが、従業員はあまりそういうところを関与してくれない。会社としては当然有給休暇を使われると、利益が下がるわけだから、株主に還元するという目的を達成できない。だから、ある意味有給休暇を使わせない会社が多く出るのは当たり前の現象でもあるんです。

それが違法なやり方になるとダメだが、違法じゃないやり方によって有給を使わせないとなれば、それは罰しようがない。例えば、ちらっとニュースで見たけど、「有給を1日使うたびに君の社内での評価は下がっているから。遊びで有給を使うのも、冠婚葬祭で使うのも、うちの会社は一緒だからね」みたいなことを従業員に言っている会社があるんだそうだ。これは有給休暇の行使を直接邪魔するものではなく、圧力をかけて使わせないように仕向けている状態なので、直ちに違法とは言い難いでしょうか。

仮にこれが違法だったとしても、会社側が「そんなことを言った覚えはない」と知らん振りをしてまえば証拠はないわけだから、どうしようもない。資本主義社会、競争社会っていうのは、他社よりもいかに利益を挙げるか?を競う社会であり、合法の中ならば何をやっても罰せられることはない。非公式的な批判はあるかもしれないが、どの会社も同じようなことをやっていれば、うちの会社がそれをやってもダメージは少ない。だから、どの企業も従業員を酷使して利益を少しでも挙げるようにする。逆に言うと、合法の範囲内で従業員を酷使しないと損とも言えるのが今の日本社会でしょう。

日本が資本主義社会、競争社会である以上は、競争が絶対に起きるわけだから、それによって合法の範囲内でいかに利益を上げられるか?という部分は誰もが考えるわけだ。そして、その作戦の1つとして有給休暇を使わせない、有給を使えない雰囲気や空気を作るというのがあるのでしょう。これは直ちに違法ではないので、企業としても狡猾という他ないが、こういう風潮を打破するには、競争の部分を削ぐしかないでしょう。つまり、日本がより社会主義の国にならない限りは、有給休暇を使えない雰囲気を作る会社がなくなることはない。有給を使いづらい会社は今後もかなりの割合で存在していくのではないでしょうか?有給休暇を使いきれないという人は全然マシな状況に見えてくるかもしれないくらいに、狡猾な会社もあるってことです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム