トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

指定校推薦はバカや後悔を生む?デメリットや問題点から廃止に賛成する

指定校推薦は廃止した方が良いのではないか?という声もあります。その理由は指定校推薦がバカばかり生む制度だからという理由もあるかもしれません。私も指定校推薦に廃止という意見にはやや賛成できる部分もあるのですが、その理由は指定校推薦がバカを生む制度だから。というわけではありません。私が指定校推薦の廃止にやや賛成できる理由は、指定校推薦のデメリットの部分が根底にあります。指定校推薦は問題点が多いと思うんですよ。そのうちの1つを紹介します。

指定校推薦のデメリットって何でしょうか?私は入学の辞退がしづらいことだと思います。してはいけないという風潮になっているだけで、やろうと思えば辞退はできます。でも、しづらい空気があると我慢して、指定校推薦を受けたことを後悔しながら入学する生徒も一定数はいると思います。17,18歳そこらの生徒が指定校推薦のデメリットを確実に理解したうえで万全の選択ができるとは思えませんし、指定校推薦で後悔するケースは一定数出てきますよ。そのうえで指定校推薦のデメリット上がるのは結局、指定校推薦の仕組みそのものなのです。

指定校推薦というのは高校と大学の信頼関係により維持されている制度で、大学にしてみれば良い生徒をよこしてくれる高校には枠を与えて、入学した生徒が問題を起こすとなれば、与えた枠を減らすといった策を講じると思います。これっておかしいと思いますよ。それはなぜか?たった数人の生徒の行動で、高校全体の評価をしている点です。ここが指定校推薦の問題点になると思います。卒業生って何人いるんですかね?数百人はいそうですけど、そのうちある大学に指定校推薦で入学した生徒が数人いるとします。その数人が仮に全員問題児だとしても、それはその問題児の出身高校が悪いんですか?

普通に考えて、A高校からB大学に入学した生徒が3人いました。その3人がいずれも問題児で大学は困っているとします。しかし、そのA高校からはC大学やD大学、E大学などにも指定校推薦を送り込んでいるはずです。すると、そちらの大学でも同じく問題児になっているケースはまず考えられない。普通はないでしょう。となると、結局、大学側がやっているのは木を見て森を見ない行為です。数人の問題児がいると、その出身高校の指定校推薦の枠を減らすなどの措置をとるならば、それはその数人で数百人全ての卒業生や高校を判断しているということになります。これが正しいのでしょうか?正しくないでしょうね。

普通に考えてどの高校にもいろいろな生徒が混じるんですよ。だから、どの高校にも問題児や優等生がいるはずです。たまたまその高校に行ったのが問題児だっただけであり、強いて言うならばその生徒を選んだ高校が悪いと言うことは言えるかもしれません。でも、高校としても判断材料として高校生活までしか見られないため、大学入学後の様子まで責任とれませんよ。高校生活の時点で問題が散見されれば、指定校推薦は与えないでしょう。すると、高校の時点では見られない問題が大学生になってから露呈したか?高校時代から問題はあったが、上手く隠していたか?でしょう。

高校と大学の信頼関係により維持されているのが指定校推薦であり、後悔をしても辞退できない、しづらいという事情がある。その理由は大学側が木を見て森を見ないから。その被害を受けるのが高校のため、生徒はそれを案じて指定校推薦で後悔をしても入学辞退ができないとなってしまうのです。大学側が問題児が入ってくるのを一切許せないならば、私は指定校推薦は廃止した方が良いと思いますよ。一般入試などでも問題児が入学してくることは避けられませんから、指定校推薦を廃止して解決できる問題ではないですけどね。

指定校推薦は無名大学にとっては、より確実に学生を入学させて、経営を維持しやすい制度なので、そりゃリスクもありますよ。そのリスクをテイクしたくないという気持ちがあるのは別に良いのだが、その回避策として高校の指定校推薦の枠を減らしたりするというのは、現実的にあまり妥当な策には思えない。その妥当な策とは思えない策をやったことにより、高校側が困る可能性があり、そのしわ寄せを生徒が受ける可能性があるということになるのです。これが指定校推薦のデメリットであり、廃止しても良いかな?と思える理由でもあります。現実的には大学にとってメリットも大きいので、指定校推薦は廃止されることはないでしょうけどね。でも、しわ寄せをうける生徒がかわいそうにも思えてきます。全ての判断材料をもとに合理的な判断ができる人間以外は、指定校推薦を受けて合格して後悔する可能性を秘めていますから。そんな人間は高校生の段階ではほぼいないし、大人になってもなかなかいないと思います。だから、私は教育上、指定校推薦を廃止することに賛成もできるわけです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム