トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定取り消しは現実的にありえる!理由や原因は多く、損害賠償がもらえないケースも

内定取り消しになる理由とはどういったものでしょうか?それ以前に、内定取り消しはありえるのでしょうか?そこも気になるかと思いますけど、内定取り消し自体は、ニュースになっているもの、なっていないものを含めていろいろあります。結構たくさん起きている可能性もあるのです。内定取り消しは認められる場合と認められない場合があります。認められる場合の代表としては、採用活動の選考をしていて、企業側の知りたいことに対して嘘をついたなどの場合です。

それが後から判明して、内定を取り消すほどの事態だと企業が考えれば、内定取り消しの策を実行し、それが認められる可能性も高いと言えるでしょう。採用当時知ることができなかった事実で、それが社会通念上相当と思われるものに関しては内定取り消しが認められるのです。しかし、企業側が積極的にそれを知ろうとしないといけないと思われますから、面接時に質問されなかったということでれば、内定取り消しは認められない可能性も十分あるでしょう。

以前話題になった、日本テレビの笹崎里菜アナでしたっけ?あの人は大学生のときに水商売のバイトをしていたことが内定後にバレて、内定取り消しに遭ったが、採用面接時にはそのことについての質問がなく、弁護士の見解としても内定取り消しは認められないという見方だったと思います。結局、彼女は日本テレビに入社できたみたいですけど、聞かれたことに関して嘘をついて、後でばれたら内定取り消しの理由にはなるけど、聞かれなかったことに関しては内定取り消しの理由にはできない、しづらいということです。

そういうケースが内定取り消しの1番の代表例になると思いますが、実際に面接で嘘をついている人は大勢いると思いますが、そういう事態を考えると誰にとっても内定辞退はありえる話ということになるでしょう。嘘がばれること、ばれても企業が内定取り消しまで行うことは稀だとは思いますが、リスク自体は誰もが持っていると思います。このケースに関しては、内定取り消しを受けても損害賠償を受けられる可能性が極めて低いので、自業自得ということになってしまうかもしれません。

しかし、企業側の都合や社会通念上相当とは思えない理由での内定取り消しの場合には、内定取り消し自体が無効になるか?内定取り消し自体は認めたうえで、損害賠償を支払うというケースになるでしょう。それ以外にも内定取り消しになる理由や原因は存在しています。例えば、企業から見て内定者の信用を失墜する行為があったときです。これも非常にアバウトですけど、内定後も内定者のツイッターやフェイスブックのアカウントを監視していて、そこで問題とも思える発言や投稿があった場合に、内定取り消しをする場合があります。

こういったケースでは、内定取り消しが認められるか?はケースバイケースなので何とも言えないですけど、内定取り消しになりたくないのであれば、内定後も気を緩められません。内定取り消しは自分でも想像していなかったようなことでありえるので、内定取り消しなんてあるの?と高をくくらない方が良いです。特にこの1番最後のやつは本人が意識していないところで起きる内定取り消しの原因なので、1番注意ガはたらかないものですから。特に子の理由で内定取り消しになっているケースが多い気がします。

今は会社の業績の問題で、内定取り消しをする企業はほぼないとは思いますけど、一応これも内定取り消しの原因になります。この場合には、新規採用者を雇っていたら会社が潰れるので、裁判になっても会社都合ではあるけれども、内定取り消しは認めたうえで損害賠償で対処する形になるかもしれません。リーマンショックの頃に1番顕著だった内定取り消しの理由ですね。内定取り消しなんてあるの?と思っている人は、現実的に誰の身にも起こりうるものだという認識を持った方が良いでしょう。その方が内定取り消しに対して用心すると思うので、より内定取り消しに遭う可能性が低くなると思いますから。内定を貰った後も緊張感を持って過ごしましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム