トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「自分さえ良ければそれでいい」っていう気持ちが原発推進派にあるのでしょう

東京都知事選の選挙日がいよいよ近づいてきました。私は都民でもないのだけど、何か凄い興味があるのです。近頃行われた参議院選挙、衆議院選挙よりも関心が高いです。都民だったら投票に行った可能性が高いですね。私の場合は特別支持したい候補者がいるわけではありません。以前、家入一真氏を応援したいといったこともありますけど、強いて挙げるならというくらいです。

ただ、どうしても投票したくない候補者というのはいます。それは原発推進派の人たちです。昨日はニコニコ生放送で、宇都宮けんじ氏、田母神俊雄氏、桝添要一氏、細川護煕氏の4人による討論会を放送しており、私も見ていました。そこでのコメントを見ていると、世の中の多くの人は田母神氏を支持しているのかな?という雰囲気でしたね。

ただ、彼は原発推進派のようで、私としては別に嫌いではないですが、少なくとも支持はできないでしょう。私は原発問題に関してはほとんど何も知りません。それは原発が私たちの生活にどう便利か?ということであって、原発がどれだけ私たちの生活を脅かす存在であるか?については多少は知っているつもりです。

Youtubeに挙がっている世界仰天ニュースのチェルノブイリ原発事故の映像があって、それを以前見たことがあったのですが、この機会に再び見ることにしてみました。これが全貌か・・・。と思うと、あまりの酷さに放送用禁止用語を自室で連発してしまうほどでした。

事故が起きた後にまず住民を避難させるかどうか?で揉めているという事態です。住民を避難させれば、周辺国はおろか、全世界にこのことが知れてしまうことを恐れて、住民の生命などは度外視です。まずは自分たち、国の保身を考えたわけですね。そして、爆発してその当時、今も放射線を至るところに放出し続けている発電所の処理に駆り出されたのは一般市民でした。

放射線の知識が一般市民には根付いていないのをいいことに彼らを利用して、事故の処理をやらせたわけです。結果、事後処理に駆り出された60万人のうち、約5万人が大量の放射線を浴びて、死亡という結果になったのです。こういうことを当時のソ連は平気でやっていたということですね。日本だって、一般市民を利用したり、危険に晒さない保証はありません。

そこで放送されていたことが全て真実とは限りませんが、福島原発事故で同じことが起きていないとも限りません。私たち国民に隠蔽されていることは実はまだ多くあるんじゃないか?と思わずはいられないのです。国はそう簡単には信用できませんから。原発を稼動させていれば、事故のリスクは常につきまといます。いくら安全を徹底させたとしても、事故のリスクは0にはならない。だからこそ、私は原発推進には反対なのです。

だいたい、安全か?どうかなんて目に見えないですからね。放射線が目に見えないと同様に。東京の人たちは原発は安心だと高笑いしながら過ごしている間に、福島の人たちは「本当に安全なの?また事故起きるんじゃないの?」と、未来永劫不安な日々を過ごさないといけません。福島の人たちを一生そんな精神的な窮地に追い込んでおいて、自分たちは東京で快適な生活ですか(笑)東京に原発を作るなら、まだ納得がいくけど。

だいたい、自然災害によって起きた前回の福島原発の事故です。自然災害なんてのは人災以上に予想が難しいものです。この世に100%の安全があると思っているのでしょうかね?人災ならば対策はしようがあるが、自然災害は想定の範囲を超えるから災害になるのですよ。自然災害によって、国民が脅威に晒されない年が1回でもありましたか?この人たちは。もし原発稼動を続けて、近いうちに同じようなことが起きたら原発推進派の都知事、そして、それに投票した有権者は切腹でもしてくれるのでしょうか?おそらく、知らん顔でしょうね。やっぱり無責任だ。

代替エネルギーをどうするか?が議論されていますが、そんなものは知りません。無責任な発言かもしれませんが、電気が使えなくなる不便よりも失われる命の方を最優先すべきでしょう。私は原発がなくなるなら電気に不自由になっても構いません。余裕で我慢します。だから、代替エネルギーの確保なんて私にとって別に特別に必要なモノじゃないのです。これが原発推進派の人たちの反論に対する私の答えです。どうですか?ただ、代替エネルギーは、現実的には停止している火力発電所を稼動させれば十分今の電力需要は補えるみたいですけどね。

原発があるのは日本全国の中でも一部です。東京は福島の原発の電気を使用していますが、原発事故の直接的な被害にはあまり関係がありませんでした。今後も原発の事故が仮に起きても、被害に遭うのは福島の人たちであって、東京の人たちではない。だからこそ、原発推進に賛成する人がいるのでしょう。彼らは当事者じゃないから原発稼動に賛成したり、代替エネルギーを持ち出した反論が平気でできてしまうのでしょう。多数者の専制という言葉が適当なのか?分からないけど、俺たちが利益を受けている間はお前ら我慢しろってことでしょうね。

まさに自分さえ良ければ、他はどうなっても良いという考え方かもしれませんね。別に資本主義社会ですから、その考えは十分許容されるんでしょうし、それで良いんじゃないですか?そういう自分勝手な考えで。実際、先ほども言ったように火力発電所の稼動である程度原発を停止させても問題ないならば、この議論は終わっているのですが。それが終わらないのは利権などを持った人がいて、国として原発即時廃止を決められないからでしょう。彼らは、まさに自分たちのことしか考えていない人たちじゃないですかね?東京に原発を作ると言ったら、みんな反対するでしょう。じゃあ、福島県に何で原発を作って良いんですか?


アルバイトに採用が決まると、なんと祝い金が貰える画期的な求人情報サイトがこちら!
採用祝い金がもらえる渋谷パート情報サイト【ジョブセンスパート】

ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム