トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の面接で合格のフラグ、受かるサインは存在する?採用フラグも不採用フラグもほぼないと思う

公務員試験の面接に合格のサインなどはあるのでしょうか?公務員の面接では不合格のサインについてはよく語られていますが、使用に関するサインはあまり語られないというか、見受けられない印象です。公務員試験の面接で採用フラグのようなものがあれば良いのかもしれませんが、現実的にはあまり存在しないと思います。存在している、いないという確証もないので、議論してもしょうがない部分でもあると思いますけど。

公務員試験の面接は、基本的には民間企業のものとスタイルはそんなに変わりません。聞かれる内容がちょっと変わってくるということです。公務員試験の面接は面接官がほとんど素人ということもあり、民間みたいに経験の多い人がやっているとは限らないので、そもそも採用フラグとか、立てようにも立てられるのでしょうか?というか、採用フラグを立てないといけない理由もないでしょうから、少なくとも公務員試験の面接では意図して採用フラグは立てていない気がします。

公務員試験の面接では合格のサインと呼べるようなものはほとんどないです。それこそ、面接が和やかにいって、これ受かるんじゃないの?と思って落ちるケースも多々ありますから、それは公務員試験の面接の多くが和やかだからです。だから、みんな和やかならば、和やかな面接が、公務員試験の面接の合格フラグにはならないということになります。逆に公務員試験の面接が厳しいとしても、それは不合格のサインにはならないと思うのです。

面接の様子で、公務員試験の面接の合格のフラグが立つことがあっても、それは結果論にしかならない気もします。つまり、面接官が意図してフラグは立てていないが、結果的にある仕草や行動などが、公務員試験の面接の合格者に共通しているとか、そういうことです。それは相関関係があると言えるので、結果的に公務員試験の面接の合格フラグと言えないわけではありません。しかし、受かった人全員に共通しているわけではないですし、落ちた人にも共通していることもあると思うので、可能性が高いということに留まり、絶対的に公務員試験の面接の面接に受かるサインであることを保証するものではないでしょう。

その確率もどれくらいなのか?は分かりませんからね。面接を受ける前や受けた後は受かっているか?どうか不安なので、どうしてもそういう公務員試験の面接の採用のフラグみたいなのに縋りたい気持ちはあるでしょう。しかし、これは予備校に聞いても分からないって言われそうな気がします。公務員試験の面接の合格のフラグと言われても答えようがないと思うのです。何よりも予備校は教える立場であり、自ら面接なんて受けていないでしょうから。だから、公務員試験の面接の受かるサインや落ちるサインについて答えようがないと思います。

でも、受かるためのノウハウは持っているはずなので、予備校の面接対策や指導が役に立たないわけではないのです。公務員試験の面接では、合格のフラグや落ちるフラグを探すのではなく、やるべきことをやって面接に臨んで、後は待つしかないと思います。公務員試験の面接の受かるフラグとかを探しても合格率が上がるわけではないので。結果は決まっているので。公務員試験の面接は簡単ではないので、採用のフラグなどを探したくなるのですが、現実的にはほぼそういうのは存在しないと思います。逆に不採用のフラグもほぼないのでは?と思いますよ。結果的に受かる人、落ちる人に共通している面接官の仕草や態度があるかもしれないというだけで。それがそんなに高い確率で共通しているか?も分かりませんし。公務員試験の受かるフラグはどれだけ対策をきっちりできたか?ではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム