トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

岩手県遠野市で期間限定、対象者限定のベーシックインカムが誕生!

岩手県の遠野市で期限付きのベーシックインカムが実現することになりました。日本ではまずありえないと思っていたベーシックインカムが地域限定で、かつ期間限定で実施されることになったのです。ただ、これに条件があります。岩手県遠野市が定めた事業を起業する人が対象となります。普通のサラリーマンとかだと厳しいのかな?でも、ニートとかをしている人にとってはチャンスですよね。概要は「起業家にベーシック・インカム 岩手県遠野市が実験導入」に載っています。

 >地域と起業家のビジネスマッチングなどを手掛けるNext Commonsと岩手県遠野市は6月7日、地方共通の課題解決を目的とした研究所「Next Commons Lab」を設立したと発表した。異分野で活躍する起業家や企業と地域の連携による新しい産業の創出、ツールの開発、社会システムの構築を目指す。

 第一弾の取り組みでは、人口3万人弱の遠野市とパートナーシップを組み、地域の資源・人材を生かした複数のテーマで事業化を目指す起業家を募集する。選ばれた起業家には遠野市に住民票を移すことなどを条件に3年間のベーシック・インカム(月額約14万円の最低生活保障)を導入する。

 対象となるテーマは「ローカルブルワリー」(地酒など)「発酵」(同)「テクノロジー」「限界集落」「産前産後ケア」「超低コスト住宅開発」「里山経済システム」(通貨以外の経済システム)「グローバルスクール・デザイン」「食」。


これによると、特定のジャンルに関して起業をする人に対して、3年間で毎月14万円の金額を支給していくことになりました。毎月14万円となると1年間で170万近くです。3年間で500万円ほどが受け取れるということになります。事業をやってさえいれば良いのか?成果を出していかないといけないのか?よく分かりませんが、ベーシックインカムに近い概念がこうして日本でも生まれました。対象者が限定されているのと期間限定ということもあって、完全なるベーシックインカムではありませんが。

ちなみにこのベーシックインカムのプロジェクトに関しては、成果次第で今後も拡充していく可能性があるとされているので、今後の展開には注目です。スイスでも同じような話がありましたが、こちらは国民投票で否決されたらしいです。あとはオランダでも同じような話がありましたね。部分的、限定的ではあるけれども、ベーシックインカムの流れは今後益々加速していく可能性があります。日本の場合には支持しない人の方が多いと思うけれども、時代の流れで価値観が変わっていき、いずれ賛成の人間の方が多くなりそうな気もします。

ブロガーのイケダハヤト氏はAIに人間の仕事がどんどん奪われるようになれば、いずれベーシックインカムに賛成する人間が増える的なことを言っていましたが、実際そうなるか?もしれないです。でも、仮にそうなると、何かそれってセコイ気もします。つまり、自分たちの職が安泰なうちは、貧困とかに困っている人がいても無視するけど、実際に自分がその立場になったら、初めて自分を救ってくれる案に賛成するということですからね。

自分がとりあえず安泰ならば、別に困っている人がいても何とも思わないけど、自分が困ったら自分を助けろって話でしょうからね。実際、どの国でもそういう感じになっている気はしますよ。ベーシックインカム自体は、貧困の人ほどメリットがあるが、お金を持っている人、お金に困っていない人ほどメリットが薄くなりますから。損得勘定で行動すればそうなってしまうという、単純な話なんですが。岩手県の遠野市でベーシックインカムに近い政策が実施されたというのは、1つ進歩として評価したいと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム