トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

セミリタイア生活は何をする?仕事しないではなく、アルバイト生活にシフトすべき?

セミリタイア生活をしたいと思っている方も多くいるでしょう。しかし、そういう人の大半は仕事をしていたはずで、そこからリタイアをした結果、何もしないで過ごすのは環境の変化が大きすぎて耐えられないと思います。民間企業で働いていて、それが過酷過ぎるからリタイアしたいと思った人が多いと思いますけど、毎日仕事ばかりの毎日から、毎日暇ばかりの毎日というのはギャップが大きすぎます。だから、仕事自体は継続した方が精神的に安定する可能性がありますね。

多くの方は無理のない範囲ならば働いても構わないと思っているのではないか?と思いますから。そして、アルバイトならばそれができる場合もありますし、収入が生まれるので、セミリタイア生活にとっても、そこは好都合ですね。バイトで、月に5~10万円くらい稼げれば理想ですが、唯一の懸念点はセミリタイアをするような年齢の人がどこで雇ってもらえるか?ということです。最近はそういう根鈴の人たち、いやもっと上の高齢者なども割とバイトをしているのを目にします。

私がよく行っているコンビニには60歳以上の男性と思われる人がよく店員やっています。だから、意外と高齢者でもバイトしている人は多いんですよね。だから、以前と比べたら年齢によってバイトが受からないという状況はなくなりつつあるかもしれません。でも、若い人と比べたら不利なのは間違いないでしょう。そうなれば、40代や50代の人がバイトを始めるのはそう簡単ではないのです。だから、セミリタイアをしてアルバイト生活をしたいと計画していても、それが叶うか?は分かりません。

バイトでも、仕事内容によっては年齢が上の人でも採用される可能性が高いのがありますから、そういったところに狙いを定めるというのでも良いでしょう。セミリタイア後に仕事をしないというのは、それによって生まれる暇な時間、退屈な時間に耐えられるか?が問題ですし、残った貯金でなんとか生活できるのか?も問題ですから、その2つが問題じゃない人は別にやらなくても良いと思いますけど、問題になりそうな人もいると思うんですよね。

1番良いのは雇用されないで収入を得ることですが、それができるならばサラリーマンなんかやってないでしょう。でも、セミリタイア後ならばサラリーマンの年収ほど稼げなくても構わないので、それだったらなんとかという人もいるかもしれませんね。月に5~10万円ならば、サラリーマン時代にコツコツと始めたネットビジネスで可能になる金額ではあると思います。それが達成されたときにセミリタイアをするというケースもあるでしょう。セミリタイアした時点で5~10万円くらい稼げれば、それをリタイア後に余った時間でさらに続けていくと、もっと収入が増えるかもしれませんし。多少の金額ならネットビジネスも勉強次第でいけると思うんですよね。

セミリタイア後には貯金の問題や暇の問題がありますから、ネットビジネスでもバイトでも派遣でも良いから収入を得たほうが良いでしょう。あと、できるならば人と関わる仕事の方が良いかもしれないです。ネットビジネスは基本1人でやるものですから。それが人間関係の問題を生まないためにメリットにもなるんですけどね。寂しさを感じる人はセミリタイア後には派遣かバイトをした方が良いんじゃないか?と思います。これはその人の考え方にもよりますけどね。寂しさよりも1人でいることの気楽さ優先したいならば、セミリタイア後はアルバイトや派遣よりも1人で可能な仕事の方が良いでしょうか。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム