トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

女性専用車両は男性も乗っていい、犯罪じゃないが、きもいなどの意識は消えない

女性専用車両というのは、男性でも乗ることができるというのがとりあえず法律の姿勢です。つまり、男性が乗ってもおかしくないのだが、男性が女性専用車両を好んで乗ることはあまりないのが現状で、間違えて乗ってしまったようなケースがたまにあると思うのですが、レアケース以外ではなかなか難しいですね。だからこそ、女性専用車両に乗り込む男性は限りなく少ないという意味では、乗ってしまったら完全に四面楚歌です。

周りが全員的に見えてきます。私はそういう経験ないですが、もし間違えて乗ってしまったら非常に恐ろしいです。中には女性専用車両の方が空いているから、あえてそっちに乗るという男性もいると思うんですよ。でも、そういう目的で乗ってきた人を女性は白い目で見るケースも多々あると思っていて、もはや法律でもどうにでもできない問題だなと思います。法的には女性専用車両に男性が乗っても良いのだが、それを女性が知らなかったり、知っていても気持ち悪いと感じたりするケースはあるでしょう。

女性専用車両に男性は乗ってもいいのに、乗ってきた男性をそういう目で見る女性がいるのは恐らく事実だろう。でも、そういう見方をする女性がいる限り、逆に言うとそういう目で女性を見る男性もいなくなりません。差別的な目です。法律上は許されているのに、心の中では差別意識があるということは、男性だって同じような気持ちになっても不思議ではないってことですし、女性に対して差別的な目で見る場面があるんじゃないですか?

女性専用車両に乗ってくる男性という例だけでも、女性と男性の溝は埋まらないということが分かると思うので、男女間の溝や差別意識をなくすというのは、はっきり言って無理に近いと思います。差別自体は表面上はなくすことは可能かもしれないが、心の中の意識からは消えないのです。というか、意識は本能的なものなので、消せないのです。自分の意思で払拭が出来るものではありませんから。だから、男性が女性専用車両に乗るときには、そういう覚悟で乗るしかないでしょう。

文句を言ってくる女性はまずいないと思いますが、何か言われたら、女性専用車両に男性が乗ることは犯罪じゃないと論破すれば良いと思いますから。無理矢理追い出そうとするならば、強要罪で捕まるといえば良いだろう。さすがにそこまでの事態はなかなかないだろうが、実力行使をしてくる人もたまにいると思いますから。男性も用心しないといけません。女性専用車両に安静が乗ることは犯罪ではないけど、差別意識があるということを踏まえると、私は乗れませんね。どれだけ空いていても。

女性専用車両に男性が乗ってもいいということを知らない人は以前よりは少なくなってきたとは思いますけど、まだ知らない人がいるとともに、知っていても乗ってくる男性をきもいと思う人は残り続けるだろうし、私はもう最近は電車自体ほとんど利用していませんが、電車自体が嫌いになるような光景にも思えてきます。1番の理由は男性専用車両を作らないことです。これが1番納得がいかない点です。鉄道会社は需要がないからと言っているみたいですが、じゃあ女性専用車両って、そんなに需要があったのでしょうか?

女性専用車両に乗らない人女性も結構いると思いますし、乗っている人も女性専用車両だから乗っているとは限らず、空いているから乗っているだけという理由かもしれません。そんなに女性専用車両に需要があるのか?と思いますし、男性専用車両に関しても、そのくらいの需要はあると思うんですけど。女性専用車両には男性も乗ってもいいとか、犯罪ではないという扱いだと、結局男性がいづらいだけであり、男性専用車両を作ってそこに乗るというのが、1番でしょう。現状の女性専用車両のみ存在する状況はすでに述べたように、男女の溝を大きくしている一因になっている気がします。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム