トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

夏休みの部活はめんどうくさい、毎日休みない、遊べないで辛いという現実が実際にある

夏休みは多くの学生は家でのんびりしている人が多いのかな?と思いますけど、人によっては部活動で忙しいという人も多くいるのではないか?と思います。夏休みは貴重な休暇だけど、学校の授業がないため、その時間を部活の練習に充てられてしまうケースはよくあると思います。私も中学生時代はそうでした。私は当時野球部に所属していました。強豪校ではなく、むしろ弱い方だったので、練習は強豪校から見たら全然楽でしょう。

しかし、普通の中学生からしたら結構きついです。炎天下の中で練習を1回あたり、4時間くらいはやっていたかな?それが夏休み40日間くらいのうち、25日くらいあったのかな?うろ覚えですけどね。毎日練習があったわけではないが、でも連日練習があったような印象ですね。中学3年間の夏休みは毎年部活動が中心でした。途中から私の場合には部活動にやる気がなくなっていたのですが、辞める気にもなれず、ズルズルと続けていった感じでした。

だから、普段の練習もそうですけど、夏休みの場合には練習時間がいつもより長いし、暑いしで、非常に辛い経験でしたね。まだ部活動に真剣になれている人は良いんでしょうけど、私みたいに温度差を感じながらやっていた人は、正直夏休みの部活動の練習は辛い、めんどうくさいという感情になりがちだと思います。貴重な夏休みが部活動で潰れて遊べないという人もいたかもしれません。私の場合はまだ遊ぶ時間的余裕はあったものの、そういう時間をとれない人もいるでしょう。

部活動って、本来は好きなことであるにもかかわらず、なぜか行くのが面倒になってくるケースがあると思うんです。その理由は簡単ですね。スケジュールを管理されてしまうからです。あとは練習内容もですね。好きに、自由にできるのではなく、顧問や部長からの指示に従ってやらないといけないので、それが結局は部活動が面倒とか、辞めたいと感じさせる原因になっていた気がします。部活動は一言でいえば自由がありませんからね。

夏休みの部活動になるとそれが加速して、拘束時間も長くなるし、ただでさえ自由がない練習メニューが長くなるから、嫌々度も増してきますよね。そうなると、夏休みの部活は本当にめんどうくさいと思えてきたり、遊べないことにイライラしたりしてきます。世の中には夏休み部活がほぼ毎日ある場合もあるでしょう。この場合には休めないというのが1番辛いですよね。身体がきついですから。夏休みの部活が毎日あって休めないなんて状況は想像しただけでヤバイですよ。

私は定期的に休みがありながら続けていたのに、あれだけ辛い思いをしていたのですから。夏休みの部活動が休みないくらいに毎日あると、ガチで辞めていた可能性もあります。貴重な学生生活の夏休みなので、部活動だけで終わるというのは、それに真剣になっている人は良いかもしれないですけど、そこまでじゃない人にとってみたら、やっぱり結構きつい期間ですよね。夏休みの部活は確かに辛い経験もするでしょうから。

それが良い思い出になっていれば良いものの、そうじゃない場合もありますからね。正直、何とも言えない部分でもありますけど、今も全国の中学校、高校などで夏休みの部活動に勤しんでいる生徒が多くいると思います。夏休みの部活動はめんどうくさいと感じている人も多くいますし、夏休みの部活動があるから遊べない、休めないと嘆いている人も多くいそうですけど、それが嫌ならば辞めるか、別の部活動に入るしかないのが現状なんでしょうか。強制の学校も中にはありますから、そういうところはどうすれば良いのでしょうか?部活動が強制の学校は個人的にはどうかと思う部分もありますけど。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム