トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

猫カフェで働く猫もブラックな働き方を強いられるのが日本?猫カフェの営業時間の延長をめぐる問題

猫好きな方には利用している人もいるのでしょうか?猫カフェというのが流行っていますよね。猫を見ながら、猫とを戯れながらお茶などができるという点は非常に画期的であり、需要もあるのかもしれませんが、その猫カフェの営業時間をめぐって、ひと悶着が起きているようで、それが『「猫ですら深夜まで働かされるブラック日本」 猫カフェの営業時間延長を承認するニュースにネット驚愕』でも紹介されています。猫カフェで猫が働くというものの言い方にかなり疑問を感じますけどね。

>猫を飼っていなくとも、猫カフェなどで触れ合うのを楽しみにしているという人もいるだろう。だが、猫の労働環境は思ったより厳しいようだ。27日に環境省が開いた中央環境審議会動物愛護部会で、猫カフェが22時まで営業できる方針が承認されたのだ。

「猫は夜行性」ということで22時まで働かされることに

猫までブラック勤めの被害に!?
猫までブラック勤めの被害に!?

27日付けの産経WESTによると、動物愛護管理法では動物のストレスを軽減するため、2012年から犬猫の展示は8時から20時までとされていた。しかし、猫カフェでは1歳以上の猫であれば22時までの夜間営業が経過措置として認められていた。この期限が5月末だったのだが、今回の承認によって6月からは恒久的に可能になる。

環境省は猫カフェの一部に協力を要請し、猫のストレスを調査している。その結果閉店時間が20時と22時の店を比べても悪影響はみられなかったという。しかし、このニュースに対してネットでは、「猫ちゃんまでブラック勤めとか日本ヤバイな」と猫を気遣う声が多くあがった。


猫までブラックな働き方というのは、言い方としては秀逸な感じもするが、そもそも1つ疑問なのは、猫が働くって言う場合に、猫は人間と同様の負担がかかっているのか?どうかということです。猫が働くっていうのと人間が働くっていうのはまた違う気がしますよね。猫は店内で何かをするように迫られているわけではなく、割と自由に過ごしている印象があるんですよね。つまり、そこにいることが仕事であり、人間ほどの肉体的負担があるとはあまり思えない。素人の意見ですけど。

強いて言うならば、人間と長い時間一緒にいるということが何らかのストレスになる可能性が否定できないということくらいでしょうか。人間の場合は例外を除けば、原則1日8時間、週40時間の労働が推奨されているが、猫の場合にはその水嶼ス荒れる労働時間の限度っていうのが、どこに設定すべきなのか?は正直よく分からない。猫カフェで働くといっても、別に人間のような労働をしているわけではなから、一緒に考えるのも違う気がするし。

猫カフェの中にいる猫は猫カフェで人間と一緒にいる時間とそうじゃない時間では、それだけ肉体的、精神的負担があるのか?ここが分からないと何とも言えない気がするのです。それをどうやって確かめるか?というと難しいが、猫カフェの営業時間、閉店時間が延びた店舗とそうじゃない店舗での猫の健康面の変化を調べたら影響なかったとされているので、問題はないかもしれないが、問題がないといっても働かされている猫の気持ちは分からない。

それどころか、人間みたいに給料が貰えるわけでもないのに、働かされている現状はそもそも良いのか?となる。動物園も同じかもしれないですけどね。営業時間が延びて、猫の労働時間が長くなる前に、猫を働かせることの是非を議論しているシーンをあまり見たことがないのだが、個人的にはそっちはどうなんだ?と思います。猫カフェが需要があり、利益になるからこそ、猫は働かされているわけだが、猫を無理矢理働かせるのはそもそも良いのか?という疑問も残るのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム