トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

宝くじは何枚買えばあたるのか?何枚買えば当たる?購入枚数の考え方

宝くじを買うときって何枚買えばいいのか?何枚買うと当たるのか?迷うという方もいるのではないでしょうか?買えば買うだけ高額当選の宝くじが当たる確率はアップするものの、費用が増えますし、外れたときには損失が大きくなります。そのため、この宝くじの購入枚数というのは、そのバランスを見極めるのがまず大切です。実際、高額当選をした経験のある人はどれくらい買っているのか?これは分からないんですよ。他言しない人が多いので。

というのも、高額当選をした人は、その人しかもらえない特別の冊子をもらって、それを読みます。そこに書いてあることにより、宝くじに当たったこと自体をほとんど言わない人が多いのでしょう。ごく限られた人間にしか言わない人が多いので、そういう情報も分からないのです。したがって、宝くじは何枚買えば当たるのか?高額当選者のデータを参考にすることも難しいということです。宝くじを買うときには何枚買えば良いのか?枚数はいくつが良いのか?というのは、結局宝くじを買うという目的は、ある程度高額当選を果たしたいからでしょう。

いくら以上を狙っているのか?にもよりますが、最低1000万円以上を狙っているというのであれば、買う枚数を多くしすぎても、1回じゃ当たらないでしょうし、何回も買っていくことになるかと思いますが、仮に1000万円当たっても、買った宝くじの費用が950万円かかっていたら、50万円しか旨味がありません。結局そういうことなんですよね。宝くじを買う理由は得をするため。しかも、日常的な金額とは思えないほどの収支を出すためでしょうから、例えば1000万円を当てたときに、100万円以上を購入費用に使っていたら、それでも900万円のプラスですけど、旨味があまり多くないなという感じもしてきます。

結局、この辺はいくら儲けたいか?にもよります。1000万円当たったときに900万円しか儲けがないと少ないと感じるのか?900万円でも十分と考えるのか?できるだけ儲けを大きくしたいならば、買う枚数は少なめに、儲けが少なくても良いならば、買う枚数はちょっと多めでも良いでしょう。宝くじの高額当選は基本的に確率から言って当たらないに等しいので、損失を膨らませないために、枚数はある程度抑えておくのが良いような気がします。多少買う枚数を増やしても、高額当選する確率は微々たる程度でしか上がりませんから。

そうであれば、結局当たらないことを大前提にして、少なめに買っていき、その中でもし当たっていたら儲けもんくらいに思っていた方が良いと思います。あと、これは私の勝手な想像ですが、欲を出して、いかにも当ててやろう!と大量に買うと、それは当たらない気がするのです。控え目に買っておくのが何か良い気がしてくるのです。私が仮に宝くじを買うのであれば何枚買うか?というと、1回あたり多くても100枚でしょうね。それでも3万円もかかるんですよ。多分30枚とか、50枚くらいにしておくと思います。

当たらない前提で買って、当たっていたら儲けもんという感じで買うと思うので、損失を膨らませないように購入金額や枚数も控え目にしておきます。あまり欲を出さないようにしておくことが案外重要なんじゃないかな?と思います。宝くじは何枚買うべきなのか?というのがかなり悩むと思いますが、宝くじは何枚買えばいいか?というのは、個人の考え方次第ですね。私みたいに当たらない前提で買うならば枚数は少なめに、当てる気満々で買うならば多く買った方が良い。前者はあたる確率は低いですが、損失は少ない。後者は当たる確率は上がるが、損失が膨らみやすい。外れたときのことまで考えるとベストな選択が出来るかもしれません。でも、どちらが正解とは言えません。

宝くじは何枚買うと当たるのか?とか、何枚買えば良いのか?こういうこと自体を考えるのが1番楽しいというか、結果はずれても、宝くじを買うまでの過程とか、買ってから待っている間を楽しんでいる人間は多くいる気がします。購入枚数1つで運命が変わるかもしれないわけですから、そこは本当に慎重になりますけど、はずれてもショックは少ないしょう。高額当選する可能性っていうのはあまりにも低いわけですから。そうなると、はずれて当然、宝くじに当たること以外の何かを追い求めている人も多くいるのではないでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム