トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

薬学部は就職しやすい?薬剤師という選択肢が就職しやすい現状を生んでいる

大学において理系の学部出身の人は割りと就職がしやすいという風に言われたりもします。学部によってもかなり差があると思うのですが、文系と比較すると、全体的には理系の方が就職は向いているみたいに言われることも多くあると思うのです。中でも薬学部っていうのは、就職しやすいというか、就職に有利と言われることもあります。それは薬剤師になれる可能性を持っているからです。薬剤師は大学の薬学部を出ればなれるものではありません。

きちんと国家資格を取得しないといけないのですが、国家試験を受けるときに大学の薬学部を出ていることが確か条件だったと思います。したがって、薬剤師になれるのは薬学部出身者ということになります。薬学部を出た人が全員薬剤師を目指しているわけではないものの、一般企業に就職するということも含めて、薬剤師の道があるのは大きいと思いますよ。というのも、試験にさえ受かれば就職先はかなり多いですから。

薬剤師の就職先としては病院、薬局、ドラッグストアなどが代表的です。こういった場所で勤務をしていくことになりますけど、薬剤師はどこでも引く手あまたに近いです。その傾向は今後どんどん強くなると言われており、薬剤師の需要は今後どんどん高まっていくのです。薬剤師は薬に関しての業務を行っていくので、薬を必要とするのはどちらかというと高齢者が多いですね。高齢者の割合は今後どんどん増えていくからです。

だから、薬剤師が必要になる。薬に関して専門的知識を持っている人がどんどん必要になるという未来が容易に想像できるので、今後薬剤師になっておけば、仕事に関してはそこまで困らないケースも多々出てくるでしょう。また、薬剤師ってアルバイトとかでも勤務できます。そして、薬剤師のバイトの時給がまた凄いのです。細かい数字は勤務先によっても異なりますけど、平均して時給2000円から3000円くらいの間になっているようです。バイトとは思えない時給の高さです。

これも結局薬剤師不足に起因しているもので、バイトでも普通に生活できるだけの給料がもらえるのです。1日5時間働いたとして日給1万円を越えるでしょう。月に20日働くと20万円ですか。正社員の給料同程度の金額を稼ぐことが出来ます。そして、すでに説明したように薬剤師はどこでも不足している現状があるので、簡単に辞められては困りますから、仕事を失うケースもかなり少ないでしょう。バイトといえどもかなり安定した雇用になっている可能性もあります。簡単にクビにはできない事情があるのです。

そういった意味で、薬剤師は民間企業への就職も割と有利でしょう。しかし、薬剤師を目指して国家試験に受かれば、就職先も多く、どこも薬剤師が欲しいですから、かなり将来的に仕事に関しては見通しが明るい傾向にあるということは言えるのではないでしょうか?薬剤師へのバイトでも良いですけど、薬学部は就職しやすいという現状は、他の学部に比較するとあるのかな?と思います。しかし、薬学部は卒業するのが大変でしょう。勉強が特に難しそうです。だから、そこが1つ問題になるかもしれません。入るのも難しいでしょうけど、卒業も難しいのが薬学部なのです。

薬学部は理系の学部の中でも難しいですし、偏差値が高い傾向にあるので難易度も高いですが、薬学部じゃないと得られないこともたくさんあって、勉強も楽しい面もあるでしょう。そして、卒業後の就職に関してはすでに説明したとおり、どういう道に進むか?にもよりますけど、比較的薬学部の人は就職しやすい、就職に有利と相対的に言える現状もあるので、そういった事実を踏まえるならば、理系の人は薬学部を目指してみても良いかもしれませんね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム