トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

夏休みは長すぎる?いらない?必要ないか?廃止はありえないだろうけど・・・

前回のブログで夏休みの宿題の必要性について書きましたが、今回はさらに根本的な問題を提起したいと思います。そもそも夏休みは必要でしょうか?今考えてみれば、夏休みって何のためにあるんですかね?土日だけの休日ではなく、もっと長い休日があっても良いとは思いますが、1ヶ月以上の長い休暇はそもそも何のために必要なのか?大人になって思います。休みが長ければ、単純に子供は嬉しいでしょうけど、そもそも夏休みの意義って何なんでしょうか?

個人的には2週間くらいあれば、たいていのことはできるんじゃないか?と思っていて、長期休暇じゃないとできないようなことがあるにしても、1ヶ月以上の休みはいるのか?と、そういう夏休みを子供時代に満喫した私が言うのもなんですが、大人になって思うのですよ。調べてみると、夏は暑すぎるので勉強に集中できないから。という理由が書いてありました。確かに、もっともらしい理由といえばそうかもしれないが、じゃあ学校にクーラーをつければ解決できるんじゃね?と思います。

それが無理な学校もあるかもしれないが、すでについている学校もありますよね。そういうところは長い夏休みを設けないといけない理由がなくなりますが、それは結局差が生まれないようにするため、クーラーがない学校に合わせているのかもしれない。つまり、クーラーの有無が長い夏休みの有無と関係しているならば、クーラーがない学校は長い夏休みがとれてずるい!とか、そういう声が生徒や児童から聞こえてきそうなんですよね。

そういった不満の声があると、うちの学校からクーラーを撤去してくれとか、そういう声にもなりそうなので、夏休みということで、全ての学校で一律に慣習的に長い休暇を認めてしまおうということではないでしょうか?実際、夏休みって、学校がない嬉しさもあれば、暇な時間の退屈さもあるので、夏休みがあれば良いと思うこともあれば、夏休みが早く終わらないかな?と思うこともあるかもしれないのです。

夏休みが確実に児童や生徒にとって良いか?どうかはともかく夏休みは完全に定着してしまった慣習ですから、今更夏休みは必要ない!いらない!といったところで、廃止にはならないでしょうね。もうこれはずっと続いていくと思いますよ。地球温暖化によって夏が暑くなっているなら尚更です。実際、夏休みを廃止するとなると、今まで夏休みを普通に過ごしてきた今の大人たちへずるい!とか、不公平だ!という声もありそうですね。

そういうことを考慮すると、今更夏休みを廃止するというのは無理ですね。ただ、子供はともかく大人の夏休みって短いですよね。1週間とかですか?会社によるのかもしれませんが。ほとんど夏休みがないってところもあるでしょう。逆に大人の夏休みは伸ばしてやってほしいと思わないでもないけど、会社は休めば休むだけ利益に影響があるから、それは難しいのでしょうね。大人は会社の利益のために働かせてもらっているので、会社にとって都合の悪いような休みの取り方はできないのでしょう。一方、学校は教師にとっては負担が減るから、夏休みが長くても困らないし、学校の利益が落ちるわけではないですからね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム