トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活やバイトの面接で受かる人、落ちる人の特徴は理解しても意味ない?

就活などの面接に受かる人って、どんな人か?って言われると「一緒に働きたいと思う人」というのが1つ回答としてあります。これは確かにそんな気もしますよ。アルバイトでも、正社員でも、面接においては別に即戦力的な人材を期待しているわけではなく、一緒に働いたら職場が楽しくなるかな?みたいな、そんな感じで合否を決めている人もケースもあると思うのです。でも、これって結構謎な部分もあると思うのです。

それは働きたいと思って採用した人は、実際にその人と一緒に働くのか?という問題です。バイトの面接の場合には、採用担当者、面接官を務めた人間が、その採用した人と一緒に働くケースはまああるでしょう。しかし、正社員の場合にはどうなんですかね?民間企業でも、公務員でも、人事担当の人とその後一緒に働く機会はないわけではないが、あまり多くない気がするし、もっと別の人間の方がもっと一緒に働くんじゃないですかね?

そうなると、面接官が一緒に働きたいと思って採用したけど、直属の上司とかはそうは思っていないケースもあるかもしれないし、そういうところでちぐはぐな感じが生まれて、入社後すぐに退職してしまうとか、そういうことがありそうな気がするのです。親友社員が退職する理由は人間関係だけじゃないですけど、人間関係も割とありえる理由だと思います。そうなると、私は新入社員が入社後に一緒に働いていく人たちこそが、面接で人を選ぶべきじゃないかと思うのです。

というか、ある程度のところまでは人事担当者が選んでも構わないが、最終面接とかは人事や社長ではなく、一緒に働くであろう人が選んだ方が良いということです。そうすれば、一緒に働く人間にとって後悔のない人選ができるとともに、選ばれる側にとっても、入社したらこの人たちと一緒に働くということが分かりますから、面接をやってみてその対応がいやな感じだと思ったら、入社して、この人たちと一緒に働きたくないと思ったら、そこの企業は採用されても辞退するとかできるわけです。

現実的には、新入社員のときに上司だった人間、先輩になる人間とずっと付き合っていくわけではないのです。いずれ一緒に働く人間は少しずつ変わるでしょう。だから、その人たちが選んでも、一定期間しか意味はないわけだが、就活生にとっても、一緒に働く同僚にとっても、まだこちらの方がメリットは大きい気もします。就活の面接で受かりやすい人、採用される人の特徴というのは一緒に働きたい人という、非常に曖昧な答えですが、裏を返せば、就活の面接に落ちる人、受からない人の特徴としては一緒に働きたいと思われない人、つまり、面接をやってみた結果、何らかの人間的な部分で合わないと判断されてしまっている可能性も高いのです。

就活やバイトでの面接に受かりやすい人、落ちる人の基準や特徴は、こういう感じで非常に曖昧なため、そこが多くの人たちを苦しめている面でもあります。基準がしっかりしていないから、結局採用する側の気持ちの問題ですから、こちらとしても読めないわけです。これはどうしようもない部分なので、就活における受かる人や落ちる人の特徴を知っても、具体的にどうしようもないですよね。対策のとりようがないわけです。本当に就職活動は大変だと思います。

就活やバイトで一緒に働きたいと思われる人が採用されやすい、受かりやすい人の特徴とは一応通説でなっているが、こちらとしてはどう努力したら良いのか?分からないので、ほとんどヒントにならない。それが事実だとしても、そこからどうしたら良いんだ?というのは全く分からないのです。就活で一緒に働きたい人が多くの面接官の採用基準だとしたら、これは事実上、面接を受けるひとからしたらどうにもできない事実によって合否が決まっているということであり、努力ではどうにもできない世界だということです。一緒に働きたいと思えるか?思えないか?は向こうの匙加減なので、その就活の面接で受かる人、受からない人の特徴、採用基準のようなものを知っても意味がないと思うのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム