トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学3年から死ぬ気で就職活動をするなら、大学1年から気楽にネットビジネスを極めた方が良い

就職活動では、大変な思いをしている学生の方が圧倒的に多い。面接を何十社も受け、履歴書をわざわざ手書きで書き続け、説明会にまで足を運び、そういった一連のサイクルを大学の授業と平行して行っています。これが多くの場合、約1年続くわけです。終わりのない戦いに無事終止符を打てた学生はまあ良いでしょう。

しかし、1年で終わらない学生はまた1年頑張るといった選択肢をとるのです。仮に1年で無事に就職活動が終わったとしても、それは相当な苦労が伴うものです。先の見えない戦い、自分は本当にどこからか内定が貰えるんだろうか?そんな不安が常に付きまとう毎日でしょう。2年以上続けた学生はさらに心身ともに疲れ果ててしまうことだと思います。

これだけ頑張ってようやく内定がとれた。しかし、数年後・・・あれだけ苦労して入社した会社を早く辞めたいなんて考えている人たちが多いのも事実です。全ての人間がこういった運命を辿るわけではありませんが、割合的には結構いると思います。こういった何とも哀しい結末を見ると、今の時代、わざわざ就職活動をする意味が薄れてきている気がします。

そこで、提案したいのはタイトルの通りなんです。大学は4年あるので、その間に自分で勉強するなり、本やネットや誰かに教わるなり、セミナーに参加してみるなり、何でも良いのでネットビジネスを極めましょう!ネットビジネスはこれからどんどん市場が大きくなってくものだと思いますから、今のうちにある程度ノウハウを持っていた方が良いと思います。

就職活動をする苦しさに比べたら、ネットビジネスの勉強を大学の授業の合間に行うくらいの手間は余裕でかけられるでしょう。なんてたって4年間ありますから、十分卒業までにある程度形にはなっていると思います。仮にある程度やってみて、ダメだと思ったら、じゃあ3年生から就職活動するか。という手だってあります。

ネットビジネスへの挑戦はいわば保険です。在学中に成功すれば、それで卒業後も食っていけば良いし、在学中に成功しなくても、過去に貯めた知識とノウハウがあれば、卒業後に成功するかもしれない。また、卒業後にフリーターになったり、どこかの企業に入社した後に成功すれば、すぐに仕事辞めて専業でやれば良い。いろいろな未来への可能性を残します。だから、やればやるだけ未来への保険になるのです。

個人的にはこういったモノを扱った授業を大学の講義でやってくれないかな?と思っています。ノウハウを持った人なんて探せばいくらでもいると思います。そういった人たちを非常勤で雇って、学生たちに教えていってほしいと思います。教えるというか、きっかけ作りですね。そういう策もあるんだ!?ということに学生が気付けるだけでもまた違うと思います。

学生が社会人を目指すにあたって、雇ってもらえなきゃ金も稼げない!生きていけない!と思っている人は意外に多いと思います。そういった人生のレールが実は1個しかないみたいな幻想を取り払ってやって、苦しい就職活動、そしてその後の会社での仕事で病まないためにはこういった大学生活の過ごし方は必要なんじゃないか?と思います。アルバイトに励んでお小遣いを稼ぐくらいなら、未来への投資だと思って、ひきこもってでも良いからアフィリエイトの本を読み漁るとか、そういったことを大学1年生からやってみてほしいと思います。


アルバイトに採用が決まると、なんと祝い金が貰える画期的な求人情報サイトがこちら!
採用祝い金がもらえる渋谷パート情報サイト【ジョブセンスパート】

ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム