トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験や民間の就活の失敗で浪人、その後は末路はみんな一緒

就職浪人は本人にとっても非常に辛いものですが、特に公務員試験の浪人は結構いるみたいです。数としてはいるので、珍しい存在ではありません。特に公務員試験は新卒とか、あまり関係ないので、既卒でも受験できますから、浪人をしてでも目指したいという方が多いのです。そのため、何年もかけて公務員を目指すが、なかなか受からない。公務員浪人をした結果、その後の末路はどうなったか?というと、いろいろな人生を送っている人がいると思います。ただし、ある大きな悩みを抱えながら。

民間企業への就職もあまり変わりません。こちらは新卒を逃すとチャンスが狭まる傾向にもあるので、浪人をしたとしても、確率は上がらない。むしろ、下がるということもあるでしょう。だから、民間企業の場合には新卒で就職できなくて、卒業してしまった場合に、別の道を探すという方法が早めにとれるというメリットもあります。まだ22,23歳くらいのときに方向転換ができる可能性もあるのです。就職できないと悟るのが早いということがある意味リスクをテイクしない道へと誘うことになります。

しかし、公務員試験はすでに述べたとおり、既卒でも問題なく受けられますし、既卒で合格する人も多くいますから、より夢はあるわけですよ。でも、合格できない人もやっぱりいるわけです。何年か受けてダメだと。気付いたら20代半ばや後半にきている。空白期間も長いとなると、そこから民間企業への就職もちょっと厳しくなる。20代ならば全然チャンスあるんですけどね。だから、公務員試験の浪人が悲惨みたいに言われているけど、言うほどか?と思いますよ。

結局、民間企業だって就職できなければ、公務員への道を探す人もいますし、その結果、同じような運命を辿るケースもありますから。民間がダメで公務員に目を向けたが、こちらもダメだというパターンはあると思いますよ。司法試験を受けていて、全然受からないというケースの方がよほど厳しい気がしますよ。10年くらい受けている人間だってザラにいると思うんですよ。その結果、受からないと、すでに30歳を超えている可能性もあります。そうなれば、民間企業も厳しいし、公務員試験は年齢制限で受けられなくなっているかもしれません。

残された道は、司法試験を受け続けるか?フリーターになるか?別の資格を取るか?などが選択肢としてあります。現実的なことを言うと、今の時代は司法試験に通っても、弁護士だとなかなか仕事にならない人も多くいます。弁護士の中の格差社会があって、年収数千万円から100万円くらいのワーキングプアレベルの人もいるわけです。あれだけ大変な試験に通ったのに、まともに食べていけないという時代なので、司法試験自体に魅力よりもリスクの方が大きくなっている面もあります。

公務員試験を目指してどこも受からなかった、浪人をして、その後どうなったか?というのは、就職試験に失敗したり、資格試験に失敗したりするケースと大して変わらないと思うのです。就職っていうのは、それだけ難しいということですし、多くの人にとって、非常に悩ましい問題です。上手くいけば、肩の荷が一気に下りるが、上手くいかないと不安だけが駆け巡り、何も手に付かなくなるといったこともあるのです。就職しないといけない社会、就職しないとおかしいと思い込んでしまう社会の存在が、そういう人間を量産しているのです。結果的に就職できた人も実は、同じような苦しみを抱えている例もあり、本当に就職をめぐっては、いろいろな問題が、人を悩ませる問題が山積だと実感します。働かなくても生きていける社会、働かないことは悪いことではない、働くことを当たり前だと思わない価値観が蔓延すれば、そんな苦しみを抱えた人も大分減るのに。

就職しないといけないと言う価値観が人々に蔓延している社会だからこそ、浪人をしてでも就職しないといけないと思ってしまう現状があるのでしょう。そんなの関係ないと思って、働かないことを選択する人もいます。それはそれでニートやSNEPが増えてきたという新たな価値観の構築とその増加が達成されてきた現状でもあります。人間は生まれれば働かないと生きていけない社会社会に放り出されるとすれば、働くことに肉体的苦痛と働かない(働けない)ことはおかしいという、特に正社員じゃないとおかしいという精神的苦痛に常に悩まされ続けるのでしょう。民間企業への就職も公務員試験も失敗して浪人をするってことは、その後の末路はこういう悩みを持ち続けないといけない日々ってことです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム