トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

少女誘拐の事件を理由に千葉大学が当該の卒業生の卒業を取り消し?

千葉大学の学生(卒業生)が少女を誘拐したという事件は、出身大学である千葉大学が卒業を取り消す措置をとるか?否か?で非常に揉めています。千葉大学としては、大学にとって不名誉な人物との関係を絶ちたいという思いがあるのかもしれませんが、卒業を取り消しにしても、今回の犯人が千葉大学出身であるということは、世間に浸透してしまったので、意味はあまりない気もします。犯人が困るだけということでしょうね。

事件が起きたのは、卒業をした後だが、大学生であるという身分が失われるのは、4月1日からという風に法律で決まっているんですかね?そんな感じですよね。3月31日までは、それまでの身分を保持するというのが、慣例になっています。これが法律で決まっているとなると、3月31日までは千葉大学の学生であったということになるが、でも、卒業自体は認められているわけですよね。その後になって卒業を取り消すわけですから、よほどの事情がないとという感じでしょうか?

これは千葉大学の卒業取り消しの措置が妥当か?どうかというのは、何ともいえない部分でもあります。難しいですよ。法律的には大学の自治がある程度認められているので、その範囲内に収まるような行為ならば、問答無用で大学側の勝手ということになります。納得いかない場合には裁判を起こすしかないので、その判決を仰ぐということになるのでしょう。だから、千葉大学のやり方が法律に違反するか?しないか?がそもそも問題になるのではないですか?

私個人の意見を言うと、学業以外の点において問題を起こした学生が退学になったりするケースはたまに聞きます。それ自体が合法ならば、今回も結局はそのケースに近いですね。問題は今回の犯人が卒業を果たしていたのか?まだ千葉大学の学生であり、卒業は果たしていないと見るべきなのか?卒業をしていた場合には、卒業を取り消すことはできないのか?ここが問題になります。随分前に同じようなことがあったみたいなんですよ。

私が生まれる前の話ですけど、早稲田大学の商学部で入試問題が漏れて、不正に合格した人がいたという事件があり、その事件が発覚すると、その年以前にも同様の手口で不正に合格していた人物がいたと。そこで、早稲田大学はその年に不正に合格した人間のみではなく、過去に遡って、おそらく卒業生も含めて、卒業を取り消しの措置をしたということがあったみたいなんです。つまり、これは入学自体が認められなかったというケースですが、すでに卒業してしまった後にそれを取り消しています。

今回の千葉大学では、入学の時点では問題なかったと。あくまでも学生をしている最中に問題があったので、それが原因で卒業を取り消すということです。でも、これって卒業が取り消しっていうのは留年扱いなんですか?それとも退学になるんですか?留年にする意味はあまりないですよね。そうなると退学扱いになるんですかね?私個人の見解は特にありません。誘拐事件の犯人に対しての千葉大学の卒業取り消しの措置のやり方が、法的に妥当か?どうかで決まると思うので。誘拐犯が裁判を起こせば、進展はあるかもしれませんね。でも、検討している段階なので、まだ卒業取り消しが決まったわけじゃないでしょうけど。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム