トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

なぜその大学を選んだのか?学部を選んだのか?就活の面接で質問されたら

就職活動や公務員試験において、「何で〇〇学部を選んだんですか?」、または「なぜ、その大学を選んだんですか?」と聞かれることがあるかもしれません。選んだ理由は間違いなくあるはずですが、そんなの覚えていますか?覚えていても、面接で言えるようなものですか?とても言えない、言いづらい理由で選んだという方も多いでしょう。就職のことを考えて選んだという方も珍しくないと思うので、それを答えたらどうなるのか?も気になるところですね。

「なぜその大学を選んだのか?」や「なぜその学部を選んだのか?」という質問に関して、「就職に有利だと思ったからです」と答えることは、一概に間違いとは思わない。問題はその後です。理由を聞かれると思います。「どうして就職に有利だと思ったのですか?」という質問に何て答えるか?が問題で、それに対して上手く答えられれば、この答え方でも良いのでは?と思います。単に就職率が良いからとか、そういった理由では表面上のことだけなので、あまり評価対象にならないと思います。

もっと理屈でちゃんと説明できるような理由じゃないといけないのでしょう。それができるならば、就職に有利だと思ったから。という理由でも構わないと思います。しかし、それ以外の理由だともはやテンプレ回答しか思いつかない人もいるかもしれません。よくありがちな回答ですね。例えば、オープンキャンパスに行ってみて、雰囲気が凄く良かった、自分に合っていると思った。というような回答は「なぜ今の大学を選んだのか?」という質問に対する答えとしてはよくあると思います。

この答えは悪いわけではないけど、個人的にはどうかな?って感じがします。というのも、オープンキャンパスって、普段の大学生活とはちょっと違うわけですよね。その大学の学生よりも、高校生の方が多いわけですから、雰囲気が合うと思ったという判断の仕方としてそもそも正しいのか?という疑問を持たれる可能性もあります。逆に普段の授業中に大学のキャンパスに行ってみて、自分に合っていると思ったから。と答えたならば、ちゃんと考えているんだな!と評価できます。そういう落とし穴もあるかもしれないので、オープンキャンパスというワードはちょっと気をつけた方が良いかもしれません。

むしろ、この答え方は割と個人的には推奨できるものですね。多くがオープンキャンパスに行けば何かしら得られるものがあると、雰囲気を感じられると思っている中、自分はそれでは意味がないと考え、あえて普段の授業のときに潜入してみたと言えば、他人と違った視点で、物事の本質を捉えている学生という風に映ります。1つ参考してもらいたい回答ですかね?そして、「なぜその学部を選んだのか?」という質問については、これもまた難しいですね。

多いのは、単純にその学問領域があったから。というものじゃないでしょうか?興味の度合いはそれぞれ違うと思います。心から興味を持っていた高校生もいれば、なんとなくの感じで興味を持っていた高校生もいたでしょう。これは興味の程度を深く突っ込まれることはあまりないかもしれませんが、よくある回答なので、人事がどう感じるか?正直でも、嘘でもこの回答はよくあると思うんですよ。人事がどう思うか?がちょっと分かりませんね。

あと、受験生によっては、学部はどこでもよくて、大学名にこだわりを持っていて、1番入りやすい学部だから受けたという人もいますよね。それはあまり印象がよくないかもしれないが、別に悪い回答ではないように思います。だって、高校生の時点で、特定の猟学問領域だけに物凄い関心を持っている子ってほとんどいないと思います。多くの高校生は興味があってもなんとなくの程度の子が多いのではないでしょうか?ならば、別のどの学部に進学しても、そこで本当に楽しい勉強ができるか?どうかって分からないのです。法律に興味があったとしても、その子が興味を持っているのは法律番組とかでよく見る民法くらいだったとしたら、大学では、憲法、民法、行政法、刑法、労働法、大きく分類して、いくつものカテゴリーの法律を学ぶ機会があるわけで、漠然と法律に興味がある子が法律全てに興味を示すことができる可能性は高くないと思います。

だから、仮に入学前に興味のあった学部に進学しても、そこで学ぶ内容が全てイメージどおりなてケースはまずない。卒業するために、つまらない授業もとらないといけないわけです。そうならば、別に文系、理系の範囲に収まる中で、ある意味適当に学部選択をしても、そんなに大学での勉強の充実度は、結果として変わるものではない気もします。ならば、大学名にこだわるっていうのは、明らかに就職において学歴フィルターでも関係あるし、人間関係や付き合い、人の第一印象を決めるうえでのスゴイ重要な要素なので、大学名を優先して、学部はどこでも良いという考え方は人生においてはある意味合理的とも言えます。通常、大学名を聞かれて、学部名まで聞いてくるケース、気にするケースってほとんどないですよ。

ならば、大学名を優先して、入りやすい学部を選んだという選択は、生きていくうえでの考え方としては決して非難されることもではないと思うのです。それを人事がどう思うか?という問題もあるため、一概に良い回答か?とはいえないものの、本質を見極めたら、合理性のある、きちんとしたものの考え方ができる学生という側面もあるのです。今後、「なぜ今の大学を選んだのか?」、「なぜその学部を選んだのか?」みたいな質問は当然予想されるので、そういった事態に備えて、事前に回答を考えておくと良いと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム