トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最瑛賃金を1000円に!はいつから?デメリットの方が大きく意味がない可能性も

最低賃金を上げようとする動きは以前からずっと続いているものの、あまり進展するような気配はありません。それはそのはずだ。最低賃金を上げないといけない義務は今のところないし、企業にとっては人件費が増えるだけで、これといったメリットがない。最低賃金が上がれば、労働者にとってメリットになるように思えてそうはならないと思います。それは最低賃金が仮に上がったとすれば、今度は労働者の数を減らしにかかる可能性があるからです。

人件費が企業にとって大きな問題となっているからこそ、すき家のようなワンオペが流行るわけだ。人件費をかけたくない実情がどうしてもあるので、賃金だってできるだけ上げたくないでしょう。そんな中で最低賃金を上げたとすれば、今まで以上に企業の人件費負担は増える。じゃあ、企業はどうするか?今度は従業員の数を減らして、対応するかもしれない。結局、一定の範囲内に人件費を抑えようとする動きはあると思うので、最低賃金が上がれば、今度は仕事にありつけない人間が増えるんじゃないか?と思います。

こういった最低賃金の引き上げを求める動きは「「最低賃金1500円」を目指し、全国の労働組合が集結! まずは「今すぐどこでも1000円に」と訴える」などでも語られていますが、私は正直無理だと思いますよ。法制化されていない以上、企業が最低賃金を上げるメリットがないわけだ。よほど応募者がこないところは勝手に1000円以上になるし、そうじゃないところは市場原理で1000円以下が妥当だという判断になってしまっているのです。したがって、そういう現状で最低賃金を上げる行動を取るメリットが企業にほとんどないし、仮に法制化して強制的にやらせるとしても、じゃあ従業員数を減らして、コストを一定に保ち、またワンオペみたいな無理を強いるところが出てくると思うんですよね。

>会見で、下町東京ユニオン副委員長の岡本哲文さんは、安倍政権が最低賃金を1000円に引き上げると言ってはいるものの、「今の経済成長が続いたとしても実現されるのは何年も後になる」と指摘。「今すぐどこでも1000円にということをきちんと訴えていきたい」と語った。

首都圏青年ユニオン委員長の神部紅さんは、ワーキングプア問題に触れた。年収200万円以下でワーキングプアと呼ばれるが、東京都の現在の最低賃金907円で所定内労働時間フルに働いても年収は168万円にしかならない。

「働いても一定の生活水準を維持できない。非正規労働者は色んな形で差別的待遇も受けている。せめてまともに生活できるまともな賃金を欲しいと思うのは当たり前の願いだと私は考えています」


非正規労働者が現在の給与水準では、まともな生活を送りづらいとするのはそのとおりだろう。しかし、最低賃金が上がれば、まともな生活が実現できるか?といえば、そうは思えないのです。最低賃金が上がれば、今よりはっきり言って状況は悪化すると思う。それは何故か?最低賃金が上がれば、人件費が今よりも多くかかってしまうので、企業はなんとかそれを下げようとするでしょう。時給で下げられないならば、労働時間を減らすのは厳しいと思うので、1番ありえるのは、労働者の削減です。分かりやすい例で言うと、すき家のワンオペのような事態が復活するかもしれません。

つまり、最低賃金が上がった状態で人件費を抑えるには、労働者を削減して、今と同じ仕事量を残った人たちにやってもらうしかありません。その結果どうなりますか?最低賃金が上がった結果、自分の生活がよくなるどころか、仕事を失う結果になる人が出てきます。そして、仕事を続けられた人も、今まで以上に少ない人数で同じ仕事をこなさないといけないので、仕事が大変きつくなります。どっちにとっても最低賃金が1000円とかに上がることによってデメリットを食らうわけですよね。

最低賃金が1000円でも1500円でも、上がれば企業にとって負担になるから、こういった行動に出る可能性は十分あると思いますよ。実際、ホリエモンとかは最低賃金を上げようとするならば、人間じゃなくてロボットを雇うようになると予測しているみたいですが、最低賃金を上げれば、生活が豊かになるどころか、職を失って生活が破綻する可能性があるならば、それは何のための賃金アップなのでしょうか?最低賃金が1000円とかになっても良い影響よりは、デメリットの方が大きいと思います。しかも、最低賃金1000円では正直焼け石に水じゃないか?と思うんですよね。1000円になってもまともな生活ができますか?非正規労働者の場合ですと、1000円でもきつくないか?と思います。

だからこそ、最終的には1500円が目標みたいですが、1000円どころか、1500円を仮に実現させたら、もう完全に企業は人件費を抑制しにかかり、こういった問題点が現実的に起きるでしょう。最低賃金を1000円に引き上げてもデメリットが大きければ、意味がない気がしてくるのです。安倍首相はすでに最低賃金を1000円以上にすると言っていますが、実際に最低賃金が1000円になるのはいつからか?というと、未定なんですよね。実際、無理ということに近い気もしますよ。最低賃金を1000円にすると結果起きるのがデメリットの方が大きかったら元も子もないわけですから、1500円とかもそうだけど、私は最低賃金を上げるのではなく、ベーシックインカムの方が全然良いと思いますけどね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム