トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

組体操はやめろ!やりたくない!の声で廃止する学校が増加中

最近になって、組体操を廃止する学校が増えているらしいです。運動会を命がけでやるのはどうか?というのは、そのとおりだと思います。組み体操って、実際危ないのは間違いない。私も中学校の運動会で組み体操をやていったが、結構危ないなと思う瞬間はありました。事故の発生確率は少ないかもしれないけど、怪我程度ならば結構起きていると思います。そういったことも受けて、後は世論もあるかもしれないが、組体操を廃止しようとする動きは加速しています。

運動会自体がそのうち廃止になるんじゃね?とも思えてくるが、組体操自体、どれだけ需要があるのか?と思うと、少なくとも自動や生徒の中にはやりたいと思っている人はそこまで多くないように思います。組体操はやりたくないと思っている人の方が、多いんじゃないの?と思います。でも、問題はどこからが組体操なのよ?という話なのです。組体操の定義なんかないわけですから、一見組体操に見えないものも組体操をじゃないか?と主張することもできるわけです。

だから、組体操をめぐる問題は本当に難しいと思いますよ。でも、組体操が危険ならば他の種目も危険じゃないか?と主張することも可能ですよね。組体操は命にかかわる競技だが、それも稀であって、稀で良いならば、他の競技でも命にかかわる危険性はあるんじゃないか?とも思えてきます。危険性の有無でいえば、皆無という競技はないでしょう。確率の高低の差はあっても、どの競技にも危険性自体はあるわけだから、そうなると、他の競技はどうなるの?となってしまうのです。

組体操もやりたくないが、他の競技もいろいろな理由でやりたくないというものもあるかもしれません。私の経験談で言うと、私はやったことないけど二人三脚とかはやりたくないですね。私がそこそこ足が速かったというのもあるけど、どうも花形みたいな100m走とかに出たかったので、二人三脚って、走力のアピールにならないわけですよね。だから、出てもつまらないから出たくなかったのです。そういう理由も含めて、やりたくない、出たくない競技ってそれぞれであると思うのです。

命の危険性があるような競技はちょっと限られるかもしれないが、例えば綱引きとかね。これも下手すれば命の危険性はあると思いますよ。低い姿勢で引っ張るから、バランス崩して頭を打って、打ち所が悪いとかなり危険です。だから、現実的にありえる範囲で、危険性を十分孕んだ競技が多いと思うので、組体操が廃止なら、じゃあ他の競技も!となってもおかしくないんじゃないですか?そういう反論がきたときに、学校側はどう対処するんですかね?組体操は危険だけど、危険な事故は滅多にはおきない。

その組体操が廃止ならば、じゃあ他の競技だって同じくらいの確率の危険性を持っているんじゃないの?という意見は間違っていないように思います。運動自体が危ないとなってしまえば、次は校庭で遊ぶのも危ないとなって、続々危険性のあるものがどんどん廃止に追い込まれていく、禁止されていくかもしれません。校庭で遊ぶのは生徒や児童の自己責任の部分もあるから、各自の判断でもいいんじゃない?という見方もできますが、合理的な判断が確実にできないような年齢層の子たちの場合には、それも危険な発想かもしれないのです。本当に難しい問題だなと思いますね。

そのうちいじめが原因になるから、学校自体に通わせることがNGになるかもしれません。そうであれば、危険視するもの、しないといけないものがあまりにも多すぎますが、実際、子供たちにとって運動会だけじゃなくて、組体操だけじゃなくて、学校という場がほとんど強制的に行かされているに近い。だからこそ、そこで行われる多くのことも強制になりやすく、何かしらの問題が孕んだものが強制によって行われるとすると、やはりそういう反論になりやすいのです。そもそも、学校に強制的に通わせることがそもそもあぜ正しいのか?をはっきりさせられなければ、学校自体やめろという意見があったときに、確実に否定できないのではないか?と思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム