トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

バレンタインで義理チョコはあげない?貰っても嬉しくない?お返しが面倒?

バレンタインを終えると、今度はホワイトデーが待っています。バレンタインでチョコなどを貰うとそのお返しをしないといけない風潮も存在していると思いますが、お返しに悩む男性も多い中、そういった人に先手を打つ形で、お返しはいらないと言ってくれる女性もいます。バレンタインのチョコなどを渡すときに、一緒に言うケースもあるようですが、そういった発言の真意はどういったところにあるのでしょうか?気になるかもしれません。

お返しをするのも面倒だが、バレンタインのお返しはいらないと面と向かって言われるのも何かあれかもしれませんね。お返しをいらないと言われた相手が別に気になっている人じゃなければ、どうでも良いかもしれません。特に会社内で、半ば義務的な感じで、バレンタインにチョコをあげるようなケースもあるような気がします。義理なんでしょうけど、そういう風潮から作って全員に渡さないといけないような雰囲気も確かにあります。

しかし、よく考えてみたら、チョコを義理であげるって意味が分からないですよね。元々のバレンタインの意味もよく分かりませんけど、お世話になっている人にチョコなどをプレゼントする日なんですかね?そういう日ならば、別におかしくないかもしれないけど、何か違う気もしてきます。しかも、それに対してお返しをしないといけないとなれば、何かとても変な感覚になってきます。違和感を覚えるというか、あえてしないといけないことなのか?ということです。

良く考えてみたらね、義理で仕方なくチョコをあげているほうも、仕方なくお返しをしているほうも、どちらも本望じゃないわけですから、明らかに損じゃないですか?じゃあ、最初からどちらもなしとした方が双方にとって得だと思うんですよね。バレンタイン自体が、そもそも恋人または好きな人へチョコなどを送る文化として定着しているならば、義理のチョコなどは必要ないとするのが自然な気がします。

実際、義理チョコって、義務感が強いので、あげる方も嬉しくないかもしれないですが、義理と分かっていて貰うならば、義理チョコを貰うほうとしてもあまり嬉しくないのでは?と思えてきますね。もはや社交辞令みたいな雰囲気になってますよね。特に会社内では。やめたいと思っているけど、やめられない雰囲気になっているものの1つかもしれません。義理チョコでも貰えないよりはもらえた方が良いのでしょうか?

私はチョコをくれる気持ちは嬉しいかもしれないです。義理チョコの場合はちょっと分かりませんけど。ただ、できればチョコじゃないほうが良いかな?というのが本音です。というのも、大人になってから甘いものをほとんど食べなくなってきてしまっているのです。甘いものを食べたいと思わないので、チョコが食べられないわけじゃないが、心から食べたいという気持ちがあまりないのです。バレンタインはチョコと相場が決まっているような感じですが、リクエストができるならばゼリーとかの方が個人的には嬉しいです。

バレンタインの中でも義理チョコの文化は必ずしも必要じゃないというか、あげない人、あげたくない人もいたり、貰ったら貰ったでお返しが面倒と感じる人もいるでしょうし、バレンタインの義理チョコならばお返しはいらないという人もいますが、それはそれで嬉しいような寂しいような、という感じでしょうか。個人的にやってもらう分で良いと思うし、付き合いでチョコを渡すような風潮は、男女ともにメリットがあまりにも少ないのではないか?と思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム