トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

マーチと地方駅弁の難易度の差や就職の有利、不利はあるのか?

学歴の問題になるとき、よく言われているのがマーチと地方駅弁はどちらの方がレベルが高いのか?ということです。マーチというのは、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学です。地方駅弁というのは、東京や近畿圏ではなく、それ以外の地域にある国立大学が主に該当すると思います。その地方では有名だが、そこを離れてしまうと、知名度とかが一気に落ちるような大学ですね。具体的にどういう大学があるのか?についても併せて検討していきます。

2ちゃんねるとかでよく言われているのは、埼玉大学や静岡大学、そして岡山大学くらいはマーチと同格と言われています。私もこのあたりの大学にはあまり詳しくありません。というか、私立大学しか受けていないので、国立大学の事情にはあまり詳しくないのです。だいたいこのあたりの大学はMARCHと同じくらいのレベルなんじゃないか?とされています。あとは広島大学、千葉大学、横浜国立大学くらいになると、マーチよりも上なんじゃないか?とされています。

一般的にはマーチの方が関東圏でも、全国的にも知名度は上でしょうね。地方の国立大学は、その地域に住んでいる人やその周辺に住んでいる人しかほぼ受けません。しかし、マーチは全国各地から受けにきます。それは簡単な理由で、地方国立大学は、同じようなレベルの大学が、それぞれの地方にあるので、広島に住んでいる人はあえて千葉大学とかを受ける必要性がなく、広島大学を受ければ良いのですが、私立大学に関しては、マーチに相当する地方の私立大学ってないと思うのです。

だから、マーチレベルの私立大学に入るには、マーチか関関同立を受けるしかないので、そのどちらかを受けるために地方から来ないといけないのです。だからこそ、マーチ、関関同立、産近甲龍、早慶上智、日東駒専とかもそうですけど、これらの大学は、その地域やその周辺に住んでいる人だけじゃなく、もっと遠い地域に住んでいる人もたくさん受けに来るのです。だから、結構出身地はバラバラですよ。やはりマーチであれば、東京都が1番多いですが、神奈川、千葉、埼玉もそれなりにいます。そして、東北、北海道、東海、近畿、九州、四国、沖縄など、いろいろな地域出身の学生が混じります。

だから、東京の大学に憧れを持っているということもあれば、東京の方が就職にも有利ということはあるかもしれません。マーチと駅弁大学のどちらが就職に有利か?と言うのは、何とも言えませんが、少なくとも地方よりは東京の方が求人が多いので、就職先は東京で探した方がいいという意味でも、マーチなどの東京の大学を受けにくる地方出身の学生は多くいます。ネームバリューはマーチの方があるものの、偏差値は対して変わらないので、マーチと地方駅弁の就職の有利、不利の差はほとんどないと思いますけどね。

後は受かる難易度です。マーチと地方駅弁はどっちが難易度が高いのか?というと、両方受けたことがある人がいれば、その人が1番実感しているかもしれません。マーチの方が科目数は少ないが、一般的には倍率が高いです。それは地方から受けにする人が多くいるからです。一方、地方駅弁は地元周辺の人しかほぼ受けないので、倍率は上がりづらいですが、国立大学なので、科目数が多いのが大変ですね。そうなると、マーチと地方駅弁のどちらが難易度が高いか?というのは難しいですね。どっちも難しいところがありますから。

難易度は比べるのも難しいくらい接近していると考えた方が良いと思います地方駅弁の定義も曖昧ですからね。どこまでが果たして含まれるのか?という答えがなかなか出ない場合もありますから。そうなると、結局比べること自体が難しいとなります。地方出身の方は地元の国立を受けるか?マーチや関関同立を受けるか?はまたは早慶上智などを狙ったり、別の国立大学を受けるというパターンもありますが、どれを選択するか?はその人の好みや考え方次第でしょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム