トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

電車内での酒を飲む客は迷惑?マナー違反か?禁止されない理由とは?

電車の中では、本当にいろいろな人たちが乗り降りするので、自分以外の乗客の行為に腹を立てる人が多くいるのもまた事実です。いろいろな人がいるから、いろいろな行為が底で行われていますが、特に迷惑だといわれているのが、酒です。電車で酒を飲む行為はマナー違反とか、迷惑と言われることも多々あります。しかし、そういった状況はありますが、明確に車内での飲酒などを禁止している鉄道会社はほとんど見受けられません。

電車内の飲食ということでまとめても、禁止していないと思いますし、駅のホームとかで食べ物や飲み物が売ってますからね。そして、新幹線とかになると顕著で、新幹線では、食べ物や飲み物を口にしている人は余計に多いです。さらにビールなども車内で売っているので、これは車内でアルコールを飲んで構わないという意思表示なのでしょう。新幹線に揺られながら、ビールを楽しみたいという人もいるのでしょうね。

こういった行為は結構日常的に行われていますが、新幹線ですら酒を飲むのは禁止にしてくれとか、飲んでいる客に文句を言っている人もいます。新幹線の方が、通常の電車と比べても酒を飲んでいる人は恐らく多いです。しかし、通常の電車においても、酒を飲んでいる人というのは一応います。たまにいます。そして、車内では飲んでいないが、どこかで飲んできてそのまま乗ってきたため、酒臭い臭いが充満するような状況もあるでしょう。

酒の臭いは正直言っていいものじゃないというのはとりあえずありますね。でも、臭いだけで言ったら、キリがないでしょうね。香水の臭いと、これも正直臭いなと思うときあるし、臭いだけじゃなくて、音に敏感な人もいるでしょう?そういう人は音楽を聴いている人の音漏れにもイライラしたりしているみたいだし。新聞をめくる音にもイライラする人もいるみたいだし、ある意味不満の無法地帯と化しています。人間何かしらにイライラするものなんですよね。たいていの人間は些細なことだと思って我慢をしている。

そして、どうせ自分もどこかでイライラさせる原因を作っているから、文句を言わないようにしている。そういう人たちが多いかと思いますが、結構電車内での酒を飲む行為については、迷惑とかマナー違反という声が目立ちますね。迷惑なのはある意味間違いないでしょうね。でも、迷惑行為を全て禁止にしたら、多分電車に乗れる人がほとんどいなくなりますね。だから、鉄道会社自体もよほどの迷惑行為は禁止にしているが、それ以外のものはあえて禁止にしないでいいだろうという判断なのでしょう。

迷惑な行為をあげていったらキリがないので、それら全てに対処はできない。酒が迷惑だから禁止となれば、じゃあこれはどうなだ!?あれはどうなんだ!?と本当に禁止にしないといけないものが出すぎて対応し切れないし、そもそも電車になかなか乗れなくなる。それはマズイので、ある程度のところで線引きしているんでしょう。だから、鉄道会社としては、電車内での酒はマナー違反?知らないが、迷惑かもしれないが禁止までする必要はないという判断なのでしょう。

そういったところから酒は電車内で飲んでも一応OKという認識になっていると。酒を飲む以外でも個人が迷惑に感じる行為はいくらでもありますからね。実際、そういった迷惑行為にいちいち腹を立ててしまっては、電車を快適に利用することは不可能だし、他の乗客にとっても迷惑でしょう。酒を禁止にして飲んで欲しくないならば、客に言っても意味がないわけだ。客にとってみれば飲んではいけない理由がないから。だから、鉄道会社に訴え続ければ、もしかしたら態度を変える可能性があるかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム