トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の面接で「将来の夢は?」、「将来の目標は?」という質問にどう答える?

就職活動の面接などでは、将来の夢ついて質問をする機会も多々あるのではないでしょうか?どうしても将来の夢に関して聞いておきたい、企業の思惑があると思われますが、こういった質問を受けたときにはどうやって答えれば良いのでしょうか?就活では、将来の目標は?という聞かれ方をする可能性もあります。将来の夢って言われても、どれくらい先のことなのか?という話にもなりますね。一般的には10年より先ということになると思います。自分が会社の中で中心的な地位を獲得しているときを想定した方が良いでしょう。

そして、基本的には仕事に関して、その企業に入社した後のことに関する将来の夢を語った方が良いでしょう。ここで重要なのは、壮大な夢を語るのは良いのですが、企業が目指している方向からずれていたり、うちではそれは無理だよ?と思われてしまうことは避けた方が良いということです。就活の面接で将来の目標を聞かれたら、極端なことを言うと、IT企業なのに、将来は介護に困らないような世の中にしたい!とかです。そういう夢や理想の社会を描くのは自由ですが、IT企業ではほぼ不可能な話でしょう。

IT企業でどうやって、介護に関する使命を果たすのか?ということになってしまいますから。そうであれば、その企業に対する研究をしっかりとやらないといけないということも言えます。企業が目指している方向や将来はどういった事業を掲げているか?というのは、会社のホームページに載っていたりするでしょうし、1番良いのは会社の人間に聞くことです。できれば、かなり立場的に上の人に聞いたほうが良いので、会社説明会などの機会で質問してみると良いと思います。

そうすれば、今から10年後、20年後、その会社がどういう方向を目指しているのか?どういう事業展開を考えているのか?というのが見えてくるので、その方向性に沿って回答を考えれば良いとなります。企業としても一緒の方向を目指している人の方が良いでしょうから。全く別の方向を向いている学生を採用しても、企業の中の和を乱すだけという可能性もありますから。だから、ちゃんと企業が考えていることを理解している学生の方が企業にしてみれば望ましいと思うのです。

社長とか、それに次ぐ立場の人間の方が、その会社の今後について知っているはずですから、そういう人に聞くのが1番良いと思うので、そういった機会があるとすれば、やはり会社説明会になるのです。そのくらいの身分の人が来てくれるか?は分かりませんが、利用できる良い機会なので、質問をするとすればそういったことを聞いておくと、いずれ参考になるときがくるでしょう。面接になれば、こういった質問をされる可能性は十分あると思いますから。

就職活動などの面接で将来の夢は?という質問をされたら、その人の意欲もそうですけど、やはり企業に対しての理解力、どれだけ企業研究をしているか?といったこと、あとはフィーリングが合うか?という部分などを面接でチェックしているのではないでしょうか?そういった理由から、この将来の夢に関する質問をしているような気もしてきます。答え方は、それぞれの企業によって変わるものの、答えるときのポイントとしては、こういったことを意識してもらえると良いのかもしれません。

この質問はかなりの確率で聞かれる可能性があるので、事前に準備しておくと良いでしょう。将来の夢は何か?とか、将来はどうなりたいか?とか、将来的にどういったことをしたいか?という聞き方をされる可能性もありますので、是非注意してください。就職活動の面接においては、これを含めて本当にいろいろな質問がされると思いますが、そういった質問に的確に答えていくことが非常に大切と言えるでしょう。面接対策では本当にしっかりと納得のいく回答を導き出せるように、紹介したポイントなどを踏まえて、取り組んでいってください。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム