トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

高学歴で無職やニートに!人生で落ちぶれる、転落しやすい理由は?

高学歴の人の方が人生は幸せなのか?非常に興味深い話し合いがなされていました。ネット上でのことですけど。高学歴の人がそうじゃない人よりもいろいろな面で人生が有利になるのはそうかもしれないですね。例えば、就職などは高学歴の方が有利といえば有利に感じます。また、人の印象も全然違います。高学歴の方がモテやすいし、結婚相手としても人気が高い。そういった事実はあるので、そうなると高額例の方が人生幸せなのか?有利なのか?というと、そうとも言い切れない部分はあると思いますよ。

例えば、高学歴の人が何かにつまづいて人生が転落してしまう場合です。高学歴が落ちぶれてしまうと、それは精神的にいろいろと厳しいです。それは過去に大きな成功体験をしているということもありますし、ちやほやされたりした経験があるから、当然プライドもあります。そういう人が1度落ちぶれてしまうと、そこから立ち直るのが、再起を果たすのが非常に難しいと言えるでしょう。それはこんなはずじゃなかった!という思うが強いからです。

高学歴が人生有利っていう部分は間違いなくあると思いますし、そこを夢見て生きてきた人もいるかもしれません。しかし、高学歴を手にした人が、人生につまづいたりすると、例えば就職で失敗したりすると、一気に精神的に廃人になりやすいです。高学歴なのにニートだったり、無職だったりする人は多くいますが、彼らは高学歴だからこそ、転落しやすいのです。学歴がそこまでじゃない人は、元々そんなにプライドも高くなかったり、人生こんなもんだろうと求めているものが、理想がそんなに高くないケースも多いです。

だから、人生で何かしら失敗をしても、あまり気にしないというか、学歴の時点で失敗したと感じている人は、そんなことに何にも感じない。そういうケースも多いでしょう。そうなれば、いざ人生が転落を迎えたときに、精神的なダメージの受け方が全然違うわけです。分かりやすく言うと、全財産が1万円の人と1億円の人がいて、両者が何物かに全部盗まれたとすると、後者の方が精神的ダメージが大きいでしょう。

どちらも無一文になるわけだから、それはそれできついのは間違いないが、1万円から0になるのと1億円から0になるのではきつさが全然違う。これが高学歴の人とそうじゃない人との差でしょうね。だから、全く同じ目に遭っても、ダメージの受け方が違う。打たれ弱いっていうこともあるのでしょうか?その後の立ち直り方に差が出てしまう。高学歴の人はなかなか立ち直れない、転落したまま落ちぶれてしまうケースも多々あるでしょうし、学歴がそこまで高くない人は、別に気にしないとすぐに立ち直るケースもあるでしょう。

そういう違いが高学歴の人とそうじゃない人の人生において大きな違いを生んでしまうのでしょう。高学歴だから、人生がうまくいくとは限りませんし、逆にそうじゃない人でも人生が優雅になっている人もいますからね。学歴は人間のスペックのうちの1つなので、学齢だけしか誇れるものがないと、やっぱり厳しいです。学歴を含めて、いくつか長けている要素があれば、それは大きな意味を人生において持ってきます。だから、学歴じゃなくても良いので、何かしらの誇れる要素が必要なのでしょう。

学歴は努力で手に入れられるものですが、それ以外の要素はなかなか努力では難しい面もありますからね。だから、学歴以外で何か秀でたものを持っている人は人生においても有利になりやすいのではないでしょうか?学歴は人の魅力を輝かせるものではあるものの、それ自体は脆いということが言えるのかもしれません。学歴も大切ですが、学歴だけでは何ともならないのが人生ということなのではないでしょうか?いろいろな点で自分を輝かせないといけないのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム