トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

生命保険はうつ病の人は入れない?加入できない?完治して告知すれば大丈夫か?

生命保険に入るときに、いろいろな疾患などの告知義務があるわけですが、そのときに1つ問題になるのが鬱病です。鬱病は、そもそもかかっている人が少ないために、あまり問題になることが少ないですが、生命保険に入るときには、鬱病は非常に重要なものになります。というのも、生命保険の会社からしてみれば、鬱病の人に入って欲しくないという思いがあるからでしょう。鬱病は相当リスクのある人間という認識なのかもしれません。さてうつ病の人は生命保険に加入できない、入れないのでしょうか?

鬱病は何が厄介か?というと、心の問題なので、極端なことを言うと、いつ自殺をしてしまうか?分からない。そうなれば、保険金を支払うリスクが高いというか、あまりにも早く訪れてしまう可能性があるわけです。そして、鬱病は完治が難しいですね。それは他の病気にも言えるかもしれませんけど。あと、1つ問題なのは鬱病は完治させないといけないのです。完治っていうのは、医者から認められた完治のことであり、自分で鬱の症状が出ないから完治だと言ってもダメみたいなんです。

だから、過去鬱病になったことがあったとして、その人が薬を飲まなくなったとか、鬱の症状が出なくなったとしても、それで完治にはならないのです。自分の判断で完治にしてはいけないということです。実際、鬱病になったことがある人はそれをきちんと生命保険の会社の人に伝えないといけません。そして、その後完治はしていますか?といったことを聞かれると思いますが、自分の判断で完治を言ってしまうと、虚偽の申告になってしまうのでしょう。

鬱病の完治は、医者の判断によって行わないといけないので、医者による完治が認められないと鬱病は治ったことにはなりません。医者の診断書などを持って来てもらうということをさせるケースもあるでしょう。だから、ずっと症状が出ないままだから、そもそも病院にすらずっと行っていないという人もいるかもしれませんが、実はそういう状況であっても、過去に鬱病で通院歴がある人は、完治の診断を受けないと、鬱病が治ったことにはならないので、生命保険の契約のときにかなり不利になるでしょう。

絶対に無理なわけではないものの、鬱病がまだ完治していないと分かった時点で、契約が可能な生命保険の会社がどれだけあるか?というと、何とも言えないですね。鬱病は他の疾患と比べても、高いリスクを持っているという認識のようなので、少なくとも現在進行形で鬱病が続いていると見なされれば、契約は難しいと思います。だから、病院にずっと行っていないとか、症状が出ないという状況が続いているならば、1度病院に行って、完治しているのか?どうか確かめた方が良いでしょう。

鬱病は発症する人間の数が少ないために、どうしてもあまり知識として共有されづらい面もありますが、確かに鬱病で苦しんでいる人、過去に苦しんだ経験のある人はいますから、そういった方は早めに完治させた方が良いのは言うまでもありませんが、完治したと思っているだけではダメで、ちゃんと医者の診断を受けて完治が認められないといけないのです。それがこういう生命保険などのケースで重要になってくるのです。

生命保険の契約ができるか?というのは、住宅クローンが組めるか?といったことにも等しい人生において重要な部分になると思いますが、そのために必要な知識を備えておいた方が良いでしょう。鬱病になる人はそう多くはないものの、他の疾患にかかる人は考えられますし、そちらでも同じような問題を抱えていますから。生命保険に加入を考えるような人は、その前にきちんと生命保険の審査や申し込みについての知識を調べておくと良いでしょう。特に持病や疾患についての知識は必要ですね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム