トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

指定校推薦で入学する学生は頭悪い!バカ!←本当にそうか?

指定校推薦で大学に入学した学生は、よくバカとか、頭悪いと罵られることもありますが、本当にそうでしょうか?だいたい、どこからが頭悪いになるのか?も分かりません。大学に入ってしまえば、それ以降何かしらの全国的な試験を受ける機会ってないのです。大学入試みたいな一同がみんな受けるような規模の試験がないので、そもそも学力を比べる機会がなかなかないです。だから、頭が悪いのか?どうかはなかなかイメージ以外では語れない気もします。

あと、ケースバイケースによると思いますよ。出身高校が偏差と70で偏差値60の大学に進学しました。別のケースでは、出身高校が偏差値50で一般入試で偏差値50の大学に進学しました。これは前者の指定校推薦の方が、学力が高そうじゃないですか?これもイメージかもしれませんけど。入った大学の偏差値の差もそうだが、出身高校の偏差値の差が歴然の場合には、高校生になった時点で学力の差が相当あると見て良いと思います。そうなると、彼らが大学に入ったときにも、大学の偏差値に差があれば、やっぱり学力に差があると見て良いのではないか?と思うのです。

後者の生徒が仮に一般入試で偏差値60の大学に入っていれば、差は縮まったんだととか、差がなくなったんだという見方もできると思いますけど、現実的に入った大学にも差があれば、その時点での学力にも差があり、このケースでは、前者の指定校推薦の学生の方が学力が高そうだなと思えるのではないでしょうか?あと、そもそも学力に差があったとしても、それって時間が経つと大分縮まると思いますよ。

一般入試の勉強をした人は、入学直後はまだ全然勉強した内容が残っていますから、大学受験の勉強をせずに入学した生徒と差が有るかもしれません。でも、入学してから大学受験の勉強を再度する人はまずいないです。私は一般入試で入学しましたが、3教科英語、国語、日本史の知識は今では完全に抜けています。特に酷いのは日本史でしょうね。センター試験で満点近くとったのに、今受けたら50点もいかないでしょう。暗記科目はそんなものですよ。

英語や国語に関しては暗記科目とは言えないものの、ずーっと問題を解いていなければ、センター試験みたいな問題を解かせてもほとんど点数はとれないと思います。私は国語と日本史に関しては大学受験終了後ほぼ何もやっていません。英語に関しては一応大学で授業はあるものの、受験みたいに必死でやっているわけではないので、当然学力はつかない。むしろ、どんどん頭から消えていく状況です。単語とか、熟語とか、文法とか、英文の読み方とか、完全に衰えていると思います。

だから、一般入試で入学をしても、いずれは存在していた差というのは、どんどん縮まっていくと思います。あと、これはそもそも大学受験の学力の問題ですよね。学力って、受験に関する科目だけじゃないじゃないですか?大学に入ってからの勉強も学力には違いない。法律や文学、経済、経営、情報などいろいろなことを大学で学ぶと思いますが、そういった内容をきちんと理解しているか?どうかの差も学力の差といって良いと思いますから、それは指定校推薦で入った、一般入試で入ったとかは関係ないじゃないですか?だから、指定校推薦で入ろうが、一般入試で入ろうが、全体を見渡してみたら、あんまり差と言える差はないような気がします。指定校推薦が本当にバカとか、頭悪いとか、そういう傾向を語るのが正しいとはあまり思えないのです。

指定校推薦が頭悪いっていうのは相対的なケースですから、それは一般入試にも当然いえることでしょう。誰かと誰かを比べた場合に、どっちが上で、どっちが下か?というのは絶対に生まれますから、ある一般入試で入学した学生とある指定校推薦で入学した学生と比べたら、そりゃ前者の方が学力が下のこともあるし、後者が学力が下のこともある。ただ、それだけです。ケースバイケースなので、比べても意味がないと思います。指定校推薦でも全然頭良い人はいるでしょう。全体を比較しても、顕著な差があるとは思えません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム