トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:日本の労働事情のエントリー一覧

  • 事務員はほぼ全員が人工知能に代替可能でも、実際そうなるとは限らない

    >「10~20年以内に一般事務や受付、経理などの事務職がAIに代替されて無くなると思いますか?」という質問に、「思わない」と回答した人は48%で、「思う」の26%を上回った。「AIには休みが必要ないのでコストパフォーマンスが高い」「思う」と回答した人にその理由を聞くと、 「人間には休みが必要だが、AIには休みが必要ないためコストパフォーマンスが高いのではないか」(26歳) 「実際、データ入力業務の派遣の仕事が...

  • 職場でお土産を女性社員に配らせる文化や慣習に合理性はあるのか?

    >この女性は、これまで派遣社員として勤務した4社のうち3社は同様のやり方で女性社員が配っていたといい、こうした「文化」に納得がいかない。「家でとれたという夏みかん」を配らされたときには、簡易的なまな板とナイフを購入し、狭い流しスペースで30人分を切ったという。 「ティッシュも用意して…生物とか、人の触ったものが無理な人に断られたりして。後片付けだって大変でした。全部の工程で、結構時間とられましたよ。...

  • ノンアルコールビールの反対理由の1つにはブラック企業を増殖させる原因になるものがある

    ノンアルコールビールへの是非というのがたまに話題になりますけど、ノンアルコールビールを職場で仕事中に飲むというのは反対する人も多いです。反対する理由は人によって違うという部分もあるのですが、その中の1つには「ビールを飲んでいるように見える」ことがダメとする人たちもいるわけです。そして、取引先の人たちが見て悪い印象を持ったらどうなのか?ということを言う人もいるわけですよね。逆にそれが理由ならば、私は...

  • 同一労働同一賃金を妨げる企業から見たときの非正規と正社員の差とは?

    >“同一労働同一賃金”について聞くと、非正規で働く人の79%は「賛成」と答えている。最も賛成が多かったのは「契約社員」(83%)で、以降「派遣社員」(80%)、「パート・アルバイト」(75%)と続く。正社員においても「賛成」が69%となり、雇用形態に関わらず関心が寄せられていることがわかった。実際、非正規で働く人の約半数は「まわりに自分のしている仕事と同じ業務量、仕事内容で仕事をしている『正社員』はいる」(49...

  • 休憩中や昼休みのノンアルコールビールの弊害や問題点は皆無だろう

    仕事中はともかく、休憩中や昼休みのノンアルコールビールの問題点がネットで騒がれていることがありますが、会社の休憩中のノンアルコールビールの問題点はどこにあるのでしょうか?ノンアルコールビールはアルコールが入っていないので、ほぼジュースと近いとされていますが、ノンアルコールビールを休憩中に飲むことの弊害として、ビールを飲んでいるように見えることが問題とする声があります。ただ、これは正直言ってよく分か...

  • 将来、ロボットやAIに人間の仕事が奪われるという話に私が楽観視している理由

    >新テストの記述式問題の採点はAIの活用を考えており、現在開発を進めているという。これに限らず近い未来、多くの仕事がロボットによって行われるようになるだろう。そこでロボットの発達による将来の就職について尋ねると「不安がある」と回答した人は全体の42.2%だった。「この質問を見て少し不安になった」人を含むと55.8%にのぼる。不安を感じている人(「少し不安になった」含む)の割合が最も多かった学年は「中学生」(...

  • 学校でも何でも良いけど、子供の頃から経営論やビジネスについて学ぶ機会を作ったらどうだろうか?

    >5日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターの堀江貴文氏が、日本の教育制度に対して持論を展開した。番組では「新聞ベスト8」のコーナーで、「“こども保険”自民が検討」と題し、東京新聞の記事を取り上げた。記事によると、子育て支援の財源確保のため、厚生年金や国民年金保険料に上乗せして徴収する仕組みを、自民党が検討をしているという。番組MCの原田龍二は、この記事に絡めて「大学の授業料無償化」に...

プロフィール


ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム