トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

残業時間に上限を設定する案が浮上!でも、効果はあまりないんじゃないか?

>長時間労働が問題になる中、政府が「働き方改革」の一環として残業時間に上限の設置を検討している。読売新聞が10~11月にかけて「上限規制で『業務に支障が出る可能性があるか』」のアンケート調査を実施。12月6日付けの紙面で結果を発表した。

180社中143社から回答を得た。回答企業はトヨタ自動車、ANA、旭化成、NTT東日本など、就職人気企業でも上位に入る大企業が中心だ。

残業上限規制で、「支障あり」と回答した企業は47%(そう思う11%、どちらかと言うとそう思う36%)、「支障なし」と回答した企業は45%(そう思わない17%、どちらかと言うとそう思わない28%)だった。この結果を読売新聞は「意見が拮抗している」と報じた。

「規制されて業務が回らないんだったら元々無理だったと言うこと」


「長時間労働を見直す上での課題」についても企業に聞いた。「業務量を減らすこと」と回答した企業は、支障を懸念する企業で81%だが、懸念しない企業では63%。18ポイントの差がある。

さらに、「業務を落とさないための取り組み」と回答した企業は、懸念する企業では63%だったが、懸念しない企業では52%と11ポイント差が開く。業務量を減らし、それでも業務を落とさない取り組みを行っている企業ほど、残業時間の上限規制を気にしていない、ということだろう。

ただ、やはり残業上限の設定に対し「支障がある」と回答した企業が約半数というのは問題がある。ネットでは批判の声が相次いだ。

「残業が前提の体質をなんとかせんといかんと思うなぁ。仕事も賃金も。本質的にはただ規制だけしても解決にならないだろうなぁ」
「規制されて業務が回らないんだったら元々無理だったと言うことだし、改善する気が無いならそんな会社はさっさと潰れたほうがいいとは思う」


これは「残業規制47%の企業が「支障あり」に非難殺到 「残業が前提の体質をなんとかしろ」「改善しないなら潰れた方がいい」」に載っていた記事ですけど、政府が残業時間に上限を設定しようと考えているという状況のようです。残業に上限をつけられると、残業を連発してきた企業ほど痛手を被る可能性があるというのはその通りでしょうね。つまり、他社との差を労働時間の多さで補ってきたのであれば、その手が使えなくなる企業ほどこりゃ厳しいということですね。そういった意味で支障が出るというのは理解できる。そういった企業の発言に批判がきているようだが、個人的に思うのは企業が行ってきた残業が法律の範囲内のものならば、その残業が間違っていたとは言えない。

残業を多くして業績を上げようとしていた企業ということは言えるが、企業の経営戦略の1つだったというだけになるから。そのやり方が間違っていたとは一概には言えない。規制が入れば痛手を被るのはどんなことでも同じであると。別のところに規制が入れば、別のやり方をしている企業が痛手を被ったのだろう。ただ、約5割に近い企業が残業に上限を設定されると支障が出ると回答していることから、それだけ多くの企業が残業の多さに頼って企業経営をしてきたということは言えるでしょう。

それが間違っていたか?どうかは別の問題である。規制が入ったからこそ困る事態が起きたということであり、最初から法律がその規制を設けるラインに設定されていたならば、そこまで多くの残業を課さなかった企業もあるかもしれないし、ある意味途中からそういったことをやられると困る企業もあるでしょうね。残業自体に上限を設けても、私はそこまで効果があるとは思えません。上限を破る企業は多くあるのではないでしょうか?この規制がそもそも実施されるか?どうかも分からない。実際、半数近い企業が支障が出ると回答している時点で、政府も気軽には踏み切れないだろうし。実施された場合の効果についても疑問だが、実施されるか?どうかの可能性の問題としてもあまり期待できないかもしれないのです。
 

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム